初心者でも簡単に設置できる「発酵式水草CO2スターターセット」レビュー

水草水槽によく見られる、CO2添加の機材。

アクアリウムをしていれば、憧れるシステムですよね。

CO2を添加することによって得られるメリットは多そうなので、導入してみたいけど、設置も難しそうだし、「敷居が高い」イメージが払拭できません。

私もそういった理由から、今までは手を出していなかったのですが、簡単に、そしてお財布にもやさしく、CO2添加の体験ができるセット発酵式水草CO2スターターセットを発見しました。

CO2を添加することに二の足を踏んでいた私が、気楽に試すことができた、『発酵式水草CO2 スターターセットを紹介します。

スターターセットを買ってみた

GEX(ジェックス)の『発酵式水草CO2スターターセットは、その名の通り「発酵式」のCO2添加のセットです。

ペットボトルの中で、CO2を発生させるための物質を混ぜ、チューブをつなげて水中へ拡散器を入れるだけという、簡単作業で添加が可能。

しかも、それに必要な道具がすべて揃っているセットなので、説明書の通りにセットしていくだけでいい。

しかも、価格が約2,000円とリーズナブル!

これは、CO2初心者の私にはちょうどいい体験になるのでは?と思い、早速チャレンジしてみました。

セット内容

エアーチューブの長さを計ってみると、約98cmありました。

セットが固定してあった台紙の一部は、切り取って「ろうと」にするので、捨ててしまわないように

ベースパウダーや酵母を、ボトルに入れるときに使用します。

セット方法

 ボトルにベースパウダーを入れる 

ろうとを使用して、白い粉「ベースパウダー」をボトルに入れます。

ベースパウダーが固まりになっていても、品質的には問題ないそうですが、固まりがろうとに詰まって入れにくかったので、袋の中で充分固まりを崩してから、ろうとへ注いだほうがいいです。

 お湯を入れる 

40℃~50℃のお湯300mlを、ボトルに入れます。

計量カップにお湯(43℃くらい)を300ml入れ、ボトルへ投入したのですが、入れてる途中で、ボトルの表面に「ここが300ml」という表示に気が付き、手を止めました。

でも、計量カップの中には、まだ少しお湯が残っている状態。

え、どっちが正解?と迷いましたが、わざわざ表記がしてあるからには、このラインが正解なんだろう、と、残りのお湯を廃棄。

でも、設置後少し時間が経ったら、なぜかお湯が300mlラインより下に下がっていたんです。

ベースパウダーと混ざることによって、水位が下がったのか?よく分かりませんが、いちまつの不安がよぎりました(;^ω^)

残ったお湯が、水位が下がった分くらいはあったので、結局はどちらが正解だったのか分かりません。

 中栓・キャップを閉め、振る 

お湯を入れたら、振って中身を混ぜるので、キャップを閉めるのですが、ここで忘れてはならないのが「中栓」です。

キャップには、CO2を排出するための穴が開いているため、中栓でキャップの内側からフタをしておかないと、お湯が飛び出ちゃいます

中栓とキャップを閉めたら、30秒~1分ほど、上下に振って混ぜます。

すると、次第に中のお湯がゼリー状に変化します。

ベースパウダーの塊が。これは自然に溶けていくので、問題ないです。

 安置後、酵母を入れる 

約1時間ほど安置します。

溶けていないベースパウダーが、ボトルの底にたまっていても問題はありません。次第に溶けていきます。

1時間経ったら、キャップと中栓を外します。

そして、ろうとを使用して、酵母を入れます

漢方薬みたい・・・

酵母を入れ終わったら、中栓をせずにキャップを閉めます

このとき、キャップの内側に中栓がくっついてきていないか確認しましょう。

中栓を必ず外していないと、フタが閉まった状態になり、肝心のCO2がボトルから外へ出られません。

酵母を入れた状態で振らないようにします。

 エアーチューブ、拡散器を取り付け、水槽に設置 

エアーチューブの片方をボトルのキャップ先端へ差し込み、もう片方をガラス製の拡散器へ差し込んで取り付けます。

拡散器はガラス製なので、割らないように注意しましょう。

拡散器を、キスゴムで水中にセットすればOK!設置完了です!

拡散器がガラス製なので、格好良いですね♪

ちなみに、興味津々に近寄ってきているのは、ミッキーマウスプラティの初代稚魚。

今では2cmくらいになり、本水槽の中で元気に育っています。

持続時間

室温15度以上の場所での設置が推奨されていて、使用する場所の環境(室温)にもよるみたいですが、おおむね1か月もつようです。

我が家は、愛猫そらのために、冬の時期はエアコン24時間稼働で、だいたい22~23度に保たれていて、いくら寒くても20度を切ることはないので、大丈夫かな?

CO2発生までにかかる時間

発酵が始まるまでにかかる時間は、数時間

環境によっては、CO2が発生するまで1~2日ほどかかることがあるそうです。室温が関係しているのかしら?

とにかく、気長に待ってみます。

交換タイミング

発酵しなくなり、CO2が拡散されなくなったら交換タイミング

この『発酵式水草CO2スターターセット』は詰め替えが可能です。

ボトルの中身を洗って、詰め替え用パウダーを、最初と同じ要領でボトルに入れて再利用できます。

ベストな設置個所は?

拡散器から出たCO2の泡が、水流に乗って水槽を巡る状態が良いみたいなので、水流が流れる場所に設置するのがベスト。

エアレーションは必要?

CO2を添加する場合、水中の酸素濃度が薄まって、魚たちが酸欠になる、ということがあるようです。

発酵式水草CO2スターターセット』の場合も、エアレーションが必要なんだろうか?と思い、調べてみたのですが、「エアレーションしている」という人もいれば、「わずかな量しか発生しないから、不要」という人もいました。

結局よく分からなかったので、最初はエアレーションをしていましたが、途中から外しました。

外掛け式フィルターを使用していて、水面が結構波打っているので、エアレーションがなくても、酸素の供給は充分されているかな?という判断です。

結果、お魚たちに変化はなく、元気に泳いでいます。

逆に言うと、水面が波打っていると、水中のCO2も逃げやすいそうです。発酵式では、添加の量は調節できないので、その辺の駆け引きはなんだか難しそう(;^ω^)

また、水面に油膜があると、水面から酸素が取り込めず、水中の酸素濃度が薄くなってよくないそうです。

経過・使用感

《 使用環境 》

◆60cm水槽、水温26℃、室温22~23度(24時間一定)

◆お魚の種類:ホワイトフィンロージーテトラ2匹、カージナルテトラ6匹、COパンダ1匹、ミッキーマウスプラティ2匹、ハチェット1匹、オトシンクルス5匹

◆43℃くらいのお湯でベースパウダーを混ぜた

◆ペットボトルの300mlラインまでお湯を入れた

《 経過 》

11月8日(夕方) セッティング・エアレーション

11月10日(昼)  拡散器からCO2が出始める・エアレーション

~      出たり出なかったりしている・エアレーションを外す

11月14日    まったく出なくなった

11月15日(夜) ペットボトルをお湯に浸けて温める(温めると良いとネットにあったので)

11月16日(朝) 出ないので、再度お湯に浸けてみる

11月16日(昼) 出始める。その後は順調に出ている

12月4日     出たり出なかったり、量が少なくなった?

12月6日     出なくなった

《 使用感 》 

◆良かった点◆

お湯にベースパウダーを混ぜて、酵母を入れて・・・っていう作業が、学生の頃の化学の授業みたいで、結構楽しかったです♪

そして、子供でもできそうな簡単な作業だったので助かった(;^ω^)

ペットボトル1本分置けるスペースがあればいいので、特に邪魔になることもありませんでした。

◆悪かった点◆

室温などは問題なかったはずなのですが、CO2が発生するまでに1日半かかったので、ちゃんと作動するかヤキモキしました。

さらに、次第に出たり出なかったりを繰り返し、とうとう出なくなるという・・・。

ネットで調べたら、お湯にボトルを浸けて温めるとよい、とあったので、試してみたところ復活。

その後は止まることなく、約1か月間、順調に出続けました。

《 感想 》 

以上のことなどを総合した感想は、「まぁ、2000円でCO2添加の体験が楽しくできたから、いいかな♪」というかんじです。

理科の実験のようなワクワク感もあり、初めてCO2が我が水槽にプクプクしているのを見る喜びもあり、水草成長への期待感もあり。

試してみた価値はあったと思います。

使用し終わったボトルを洗おうと思い、キャップを開けた瞬間、炭酸水を開けたときのように、プシュッ!!となりました。

ニオイを嗅いでみると、日本酒のような香りがしました。

ちなみに、ボトル内の液体は、時が経つにつれて減っていくのかと思っていましたが、全然減りませんでした。(ちょびっと減ったか???)

CO2が出なくなるタイミングを、この液体の量で見極めるのは無理なので、設置後1か月くらい経ったら、CO2が発生しているかどうかの確認が必要です。

1か月使用後の拡散器にコケが生えて、歯ブラシでこすってみたけど、あまり落ちませんでした。

詰め替え用には、拡散器は付属していないので、このセットでの添加を継続する場合には、拡散器の定期的な掃除が必要になりそうです。

みんなの口コミ

発酵式水草CO2スターターセット』を使った方たちの感想も見てみました。

・泡がわずかしか出ず、結局ガス式を購入した
・1度も出てこなかった
・夜間の室温10~15度くらいでも、翌日昼頃少し泡が出た
・説明書通りに設置しても泡が出なかったが、お湯を張った入れ物にボトルを入れて温めると出始め、1か月持続した
・20cmキューブ水槽で、夜間の酸欠は起きていない
・エアーチューブ内に水が入って泡が出ない

などでした。

印象としては、「あまり良くない」という感想が多いかな。

確かに、泡が出るまでに時間がかかるし、出なくなったり、お湯などで温めてやる必要があるので、せっかちな人や、面倒くさがりな人には向いていないかもしれませんね。

発酵式のセットは初心者におすすめ

発酵式水草CO2スターターセット』は、アクアリウム初心者で、CO2添加の敷居が高いと感じている人におススメの商品です♪

ボトルにパウダーなどを入れてチューブを繋ぐだけの、簡単作業なので、全然難しくなかったです。

結局、水草が元気になったかどうかの反応は、いまいち分かりませんでしたが、本格的な機材を買う決心がつく良い機会になりました。

価格もリーズナブルなので、ぜひ試してみてください(^^)/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る