原因は何?猫が「布」を噛む・食べてしまう異食症対策

スポンサーリンク

そらが我が家へやってきて10か月。

生後11か月で、体重は4kgになりました。

食欲、元気ともにあり、すくすくと育ってくれているのですが、最近とても頭を悩ませていることがあります。

それは、「布を食べてしまう」ということ。

子猫だった頃は、おもちゃやヒモ、ぬいぐるみなどをガジガジして食べてしまうということはありました。

そのため、食べてしまいそうなおもちゃなどは、おもちゃ箱へ必ず片づけるようにしており、それ以来「異食」はなくなっていて安心していたのですが。

生後7か月頃から少しずつ、「」を食べる行動が見られるようになり困っています。

今まで食べられたモノとその経緯、対策などをまとめてみました。

食べられたモノ・経緯

1.おもちゃのボール

はじめは、気に入って遊んでいた布製のボールでした。

遊んでいてちょっと興奮してくると、そのボールをケリケリしていたのですが、ある日少しかじってしまっていました。

これはいかんと、すぐにボールを廃棄。

2.バイトのTシャツ

次にやられたのが、私がバイトで着ているTシャツ。

洗濯をしようと洗面所に置いていて、外出から戻ってきたときに食べられているのを発見。

Tシャツを入れていた洗濯ネットも穴があいていて、Tシャツは大きい部分だと、直径10cmくらいの範囲で食べられていたので、うんちと一緒に排出されるまでやきもきしていました。

それまで、私が着る服をかじることはしなかったので、なんでだろうと考えたのですが、バイトが食べ物を扱う仕事なので、食べ物の匂いなどが気になったのだと思います。

洗濯して干していたエプロンも、背伸びして手を伸ばしてかじったみたいで、外出から戻ってくると、立派な歯形がついていました。

対策としては、洗濯カゴをふた付きのものに替え、洗濯物を干すときにはそらの手の届かない高さに干すことを徹底。

このフタを乗せるだけのタイプだと、鼻先などで強引に引き上げて開けてしまうので危険です。

こういった、しっかりと閉められるタイプがおすすめ

3.身の回りのモノ

他には、寝室の布団(毛布、敷布団、羽毛布団)、マフラーや手袋、ニット帽のフワフワした部分などもえじきに。

居間の椅子に取り付けていたハンモックもかじられそうになったので、撤去。

私が着ている服には興味がないようですが、パーカーのヒモなどにはじゃれるので、気が抜けません。着替えや脱いだ服なども、置きっぱなしにしないように気を付けています。

衣類や身の回りの布類などは、常に寝室に置くようにし、私と一緒でないときには、そらが寝室へ入れないようドアを閉めるようにしました。

4.お気に入りのタオル

寝室を立ち入り禁止にし、洗濯物に手が出ないようにすると、いったんかじりグセはおさまったように思えました。(おさまったというか、かじるものがない状態なのですが)

でも、ここからが大変でした。

先日掃除機を新調し、家族に手伝ってもらって居間に掃除機を設置した日。

設置した直後に皆で外出したのですが、数時間後戻ってくると、ショッキングな光景が・・・。

いつも甘えるときにちゅぱちゅぱしていた、ベッド横に置いていたお気に入りのタオルが床に落ちていているのです。

あら?と思って見てみると、少しかじられていました。

まだよだれでベタベタなので、今の今までかんでいたに違いありません。

仕方なくそのタオルをゴミ箱へ捨てると、今度はベッド横に敷いてあげていた大判のひざ掛けを台から引きずり降ろして噛み始めたのです。

急に現れた掃除機に対する恐怖なのか、急に人が居なくなった寂しさと、ほったからされた怒りなのか、少し興奮している様子でもありました。

フリース素材のようなタオルは、腸につまりやすいというのも聞きますが、幸い食べられた部分は小範囲。後日、ウンチと一緒に出て来てくれて安心しました。

そらが我が家へ来た当初から使用していたタオルだったので、思い出がひとつ消えた気がして悲しかった(>_<)

ちゅぱちゅぱしてるそら君

5.キャットタワーのタオル

お気に入りのタオルがかじられて、だいぶショックでした・・・m(__)m

ここから、布かじりはエスカレートしていきます。

数日後、脚にウンチがついたので拭こうとすると、そらが紙袋の中へ逃げ込みました。

これ幸いと思い、紙袋に入ったまま(身動きが取れない)脚を拭いてあげました。

すると、紙袋から出てきて、怒ったような様子でキャットタワーの方へ走っていき、敷いてあったタオルを咥えて私の目の前まで持ってきて、かじり始めたのです。

わざわざ私の目の前で・・・。

悲しく感じながら、「ダメよ」と言って取り上げると、またキャットタワーへ行き、別のタオルを咥えてやってきました。

3度ほど繰り返し、これはダメだと思い、キャットタワーに敷いていたタオルを全部撤去。

6.あったかベッド

キャットタワーからタオルがなくなってしまうと、怒りが収まらない様子でウロウロと部屋を歩き回り、目に入ったのが、冬用に置いていたあったかベッド。

これをかじり始めたので、仕方なくベッドも撤去。

しかし、まだ寒い時期だったので、あたたかいベッドがないと、寝る時に寒いはず。何もないのは可哀そうなので、段ボールを二重にして、下にペットヒーターを置いてあげました。

ふかふかのベッドに比べたら寝心地が悪いと思うのですが、仕方ありません・・・。

この頃から、もしかしたら遊びが足りないのかもしれない、と思い、以前よりも遊びの時間を長めに取るようにしてみました。

でも、そらの気分が乗らなかったり、おもちゃに興味を示さず全く遊んでくれなかったりすると、私自身の時間がどんどんなくなっていくのでむなしくなり、ストレスに感じました。

7.お風呂の足ふきマット

そらが子猫だった頃もそうだったのですが、私がトイレやお風呂へ行くと、寂しがってにゃーにゃー鳴きます。

最近では以前ほど鳴かなくなり、出てこないことが分かるとあきらめてふて寝したりするのですが、かじりグセで布類が部屋からなくなってきた頃、お風呂の足ふきマットがターゲットになりました。

私がお風呂に入る支度をしたり、トイレの掃除で手が離せない状態のときなどに、かまってほしいのか、気にかけてほしいのか、不満そうに洗面所へ行き、足ふきマットをガジガジ。

分厚く、ゴワゴワした生地のマットだったら大丈夫だろうと思っていたのですが。

私と一緒のとき以外は洗面所のドアを閉めて、なおかつ、私がお風呂に入るとき以外は足ふきマットを床に置かないことにしました。

8.手拭きタオル

すると、上を見上げたそら。そこには、手拭きのタオルがありました。

たまにいたずらでタオルをちょいちょいして床に落として遊んでいたりはしていたのですが、そのあとかじられる可能性大です。

つっぱり棒を買ってきて、そらの手の届かない高さにタオルをかけることにしました。

9.居間のラグ、座布団

すると、居間に敷いていた足ふきマットと同じような材質のラグも、居間の椅子に敷いていた座布団も、かじりに対象に。

椅子に座布団が置けなくなって、おかげで私は坐骨神経痛に(;´Д`)

かじらない材質の座布団を今、探しているところです。

10.レースのカーテン

居間からも、洗面所からも布類がなくなると、いつか、やられるかも・・・と心配していたことが起こりました。

ある朝、カーテンを開けた時にレースのカーテンがかじられているのを発見しました。

ちょうど、窓辺のキャットタワーに登った時にかじれる場所です。

夕べ、私がお風呂に行っている間にやったに違いありません。これも幸い、ウンチと一緒に出てきたのでホッとしました。

カーテンだけはやめてほしいと思っていたのですが・・・表のカーテンは、遮光カーテンで、ツルツルしたごつい生地なので、恐らく大丈夫だとは思うのですが、少々不安です。

仕方なく、レースのカーテンを撤去し、代わりに竹製のカーテンを購入し取り付けてみました。

以前のレースのカーテンは、外から見えにくい素材だったので、それに比べると見えちゃうかもですが、仕方ないです。

居間にはあと2カ所窓があり、そこのレースのカーテンの存在に気が付かれないよう、丈を折り返して洗濯ばさみで留めて床から離し、なるべくそらの視界に入らないようにしています。

この存在に気付いたら、恐らくこちらのレースのカーテンもかじられてしまうでしょう。

猫のそら君が、異食症で布類をむしゃむしゃ・・・。レースのカーテンまで食べ始めたので、竹製のカーテンに取り替えてみました。

今までの経過まとめ

食べ物の匂いのついた服 → 私のにおいのついた布類 → 自分の臭いのついた布類 → 目につく布類手あたり次第

というような流れになっていて、最初は食べ物の良い匂いにそそられてかじっていたのが、徐々に、ストレスからかじるような状態になっていったような気がします。

「ダメ」と言われ布を取り上げられ、構ってもらえなくて、噛む布がどんどんなくなって・・・悪循環?

ストレスをぶつける対象がなくなったら、余計ストレスになるのでは・・・?不安しかありません。

とった対策

私がそらの異食症に対してとった対策。

・洗濯カゴをフタつきのものにする

・衣類などを出しっぱなしにしない

・タオルなどは手の届かない高さにかける

・足ふきマットはお風呂のときのみ敷く

・留守にするときには、念のために洗面所のドアを閉める

・寝室に入れない

・寝床を段ボール製にする

・レースのカーテンを竹製に変更

・なるべく気のすむまで遊んであげる

布をかじることを叱っても、猫ちゃんには理解できないでしょうから、とにかく手の届く範囲に布類を置かないことを徹底しました。

また、ネットで言われていたものですが、猫ちゃんが布をかじっているときに、その対象物をパッと取り上げるのではなく、おもちゃなどで布から気をそらせてから、気付かれないようにこっそりとその布を撤去するといいのだそうです。

やはり、強制的に「取り上げられる」というのは、猫ちゃんがストレスを感じるようです。

私は、早く口から離さなきゃ!と焦って、取り上げていたので、これは良くなかったですね。反省です。

理由は何なのか?

布を噛む理由は、何なんだろう?これを解決しないと、いつまでもこのような生活が続くのかと思うとゲンナリします(;´Д`)

猫の異食症は、生後数か月頃から1歳頃までによく見られ、成長とともに見られなくなる傾向があるとのことですが。

ネットで調べてみると、猫ちゃんが布を食べる理由として、お腹が空いている飼い主の気を引くため母猫と早くに別れた消化器の不調ストレス繊維不足など、色々あるようです。

それらを参考に、そらの異食行動の理由を考えてみました。

甘えたい、かまってほしい

ネットで調べてみると、母親から早くに離れた子猫は、甘えたくてフミフミ行動がよく見られ、それはウールサッキングという布を食べる行動に結びついてしまうことがあるとありました。

そらは、野良出身で、生後約1か月半で我が家へ来た保護猫です。

3匹兄弟のようでしたが、親猫とどれくらいの時期に離れ離れになったのかは分かりません。

そらは当初より、お気に入りのタオルをフミフミちゅぱちゅぱするのが好きではありましたが、食べてしまうようなことはなかったので、甘えたいときには甘えたらいいと、なでなでしたりして見守ってあげていました。

このフミフミちゅぱちゅぱが、数か月前より頻繁にするようになったので、気にはなっていたのです。

布を食べるようになったのがそのあとだったので、因果関係は少なからずあるように思われます。

食感が好き、何かを噛みたい

かじりグセが出る少し前には、束ねたロープなどを無心にガジガジするのが流行っていました。

そういえば、その頃からラックの脚(プラスチック)や椅子の脚(木)、ベッドの脚(鉄)もよく噛むようになってました。

現在そらのごはんは、ウェットフードで噛み応えがないので、もしかしたら物足りないのかも?

かじりグセが出始める少し前からウェットフードを与え始めたので、関係があるかもしれません。

軟便の改善のために簡単に食事は代えれないので、なにか他に噛んでも安心なものがないかと探しているところです。(最近ロープには興味がなくなったみたい)

ストレス

布などをかじることで、安心する、落ち着く、ストレス発散になったりするのかしら?

もしそうだとすると、徐々にかじれる布がなくなっていってしまう(撤去される)状況は、余計ストレスになるのでしょうか?

遊び足りないというのもあるかもしれません。おもちゃも色々工夫したりして、なんとか遊んでもらえるよう、努力してみます。

かまってほしい、注目してほしい

私がお風呂へ行こうとしたり、遊びをやめたりするときにもよく見られた行動なので、「かまってほしい」気持ちが大きいのかもしれません。

布などをかじるときに首を左右にぶんぶんと振り、首輪の鈴が「チリン」「チリン」と鳴ります。

その音で私は「あいつ、また何かかじってるな!」と察して飛んで行っていました。

それを繰り返すうちに、布をガジガジやれば、飼い主さんが僕のところに来てくれる、という式が出来上がってしまった可能性もあります。

なるべく、そらの気のすむまで遊んであげるようにしていますが、あまり構いすぎると離れがたく感じてしまうかもしれないので、その加減がよく分からず悩んでいます。

動物病院で相談してみた

バイトのTシャツを食べられたとき、ちょうど動物病院へ行く用事があったので、先生に相談してみました。

すると先生、「あ~、それは治すのは難しいよ」と即答。

ネットでも、完治は難しいとあったのですが、本当にそのようです。

布を食べれないよう、留守にするときにはケージ飼いするか、布類を全てなくすか、という方法しかないそうです。

いまのところなんとか、そらの行動範囲内の布の撤去で対応できているので、ケージ飼いの手段は取らずに済みそうです。

また、動物病院の先生とお話ししていたときに、「飼い主の神経質、心配、不安などのマイナス感情が、猫ちゃんに悪影響を与えることがある」とおっしゃっていました。

確かにそうかもしれません。布などを食べてしまうのは危険なので、神経質にはなり、ストレスを感じイライラしていたかもしれません。

それをそらが感じ取って、余計悪い方へ症状が向いていたのかも。反省です。

愛情をかけて、根気よく異食症と付き合っていく

ある日ふと、そらはもしかしたら、「甘え方」が分からないのかもしれない、と思いました。

私が食事などのときに椅子に座っているとヒザの上へ乗ってきて毛づくろいや寝たりしますが、抱っこされるのは、子ねこの頃から嫌がります。

ゴロゴロ喉を鳴らすのも、すりすりしてくるのも、ごはんをおねだりするときくらい。

触られるのも、基本的に好きではありません。すぐに噛みついたり攻撃してくるので、怖くて手が出せないことが多いです。

そんな中、お気に入りのちゅぱちゅぱしていたタオルが取り上げられ、甘えられる対象がなくなってしまった。

異食行動が母猫の愛情不足のせいだとすると、私が愛情を注いであげないといけない、と思い、以前よりもやさしく声をかけたり、ちょっとしたことでも褒めてあげたり、叱る頻度を抑えたりしていくうちに、なんでもないときに足元にすりすりしてくるようになったんです。

頭や顔をやさしくなでてあげると、気持ちよさそうにすることも増え、アイコンタクトもよくするようになりました。

これでかじりグセがおさまるかどうかは分かりませんが、たくさんの愛情を注いであげたいと思っています。

とにかく今は、そらの手の届く範囲に布類を置かないこと、たくさん可愛がってあげること、意思疎通を図って、そらのストレスを軽減してあげること、このあたりのことに気を付けて、気長にこのかじりグセと付き合っていきたいと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る