猫脱走防止!玄関に格子扉を設置してみた|DIY初心者

スポンサーリンク




猫を家から出入り自由にするか、家から出さないでいるか、飼い主さんの意見はさまざま。

わたしは、昔飼っていた猫が交通事故に遭ったり、オス猫だったために喧嘩をしケガを負って帰ってきたりしていたので、もう猫は絶対に家の外に出さない、室内飼いをすると決めていました。

他にも、外へ出ると他の猫から感染症などの病気をもらってきたり、危ない場所へ立ち入ってケガを負う危険性もあるので、猫はやはり室内飼いがいいのではないかと思います。

家の中で一番脱走の可能性が高いのが、玄関です。

そらはまだ子猫で、色んなことに興味津々。玄関の土間にもよく探検に行くので、玄関の出入りのときにはとても気を使います。

そこで玄関に、手作りで脱走防止扉(親子扉)を設置。この内扉を設置後は、安心して玄関を開け閉めできるようになりました。

DIYで扉を手作りしてみた

脱走防止の扉を玄関に設置する。業者さんに頼んだり、既製品を買うとなるとお金がかかるし・・・何か良い方法はないものかとネットで調べてみると、手作りで木製のドアを設置する方もいるみたいでビックリ!

ということで、先輩方の作品を参考に、私も脱走防止ドアを作ってみました。

出来上がりはこのようになりました。

なんか、おしゃれな旅館みたい♪

賃貸でも安心して使えるラブリコを採用

猫脱走防止ドアを自作するべく、ネットで色々と物色していると、見慣れないモノを発見。

ディアウォール」?なにそれ?

これ、穴をあけたり釘を打ち込めない賃貸マンションなどでもDIYが楽しめるというすぐれもので、木材の上部と下部にはめ込んで床と天井を突っ張り、家の中に柱を設置できるDIYパーツ。

これがあれば、家を傷つけずに棚や収納などが設置できるとあって、今人気の商品みたい。

別会社で、「ディアウォール」と、「LABRICO(ラブリコ)」という2商品があるようです。

「ディアウォール」は、バネで天井と床を突っ張る、「ラブリコ」はバネとネジで突っ張る、という仕組みみたい。

こんなオモシロいものがあるんだぁ~♪

よし、採用!

で、どっちにしようかと悩んだ末、パーツの部分がスリムで掃除もしやすそうだったので、今回は通販で「LABRICO(ラブリコ)」を購入。

後日、ホームセンターでも見かけました。

図面を書いてみた

玄関前の廊下の幅は128cm。床から天井までの高さは231cm。

さすがに、廊下幅いっぱいの128cmを全部扉にすると大変なので、扉の幅は90cmにして、余った38cmは、開け閉めする必要がないので、固定してただの柵の状態にすることにしました。

格好良く言えば、「親子扉」というやつです。

高さは、今は子猫でさほどジャンプできませんが、大人になれば1m以上は軽々飛び越えちゃうでしょうから、人の背丈くらいは必要かと。

イメージを図にしてみました。

床部と天井部にある濃い青は、LABRICO(ラブリコ)

格子の部分(肌色)は、丸棒、扉の枠(緑色)は角棒を使うことにします。(図面の格子部本数は適当です)

そら君がまだ子猫で小さいので、格子の幅はなるべく狭く、丸棒の芯から芯までを4cmにしました。

B柱とB扉を、蝶番ちょうつがい(水色)でくっつけて、廊下側へ扉が開くようにします。

また、開閉がスムーズにできるよう、扉の下部にキャスターを付けます。扉の重みが蝶番にかかりすぎないようにする役目も担います。

蝶番をつけるB扉の角棒は、強度を得るため太いものにしましたが、他3本の縦向きの木材はそれより細めにして、なるべく重さを軽くします。

横向きの木材も、軽さ重視で、平たい木材を使いました。

A柵はA柱に完全にくっつけて固定させます。

高さの182cmというのは、売ってある木材の長さをそのまま使いました。(単純に、切るのが面倒だった)

182cmもあれば、さすがの猫も飛び越えられないでしょう。

ネットで先輩方の扉を見ると、縦向きの丸棒をはめ込むような穴を、横向きの木材に開けているようなのですが、どうやったらそんなことができるのか分からないので、わたしは縦向きの木材を横向きの木材にネジを打ち込んで固定させることにします。

(はめ込む穴は、ホームセンターで開けてもらえるのかもしれませんね。)

材料を調達

《通販で購入》

ラブリコ @880X2個+送料400円 2,160円

《ホームセンターで購入》

2×4材    @638X2本   1,276円

丸棒 Φ15 @475X24本 11,400円

角棒 太  @1,289X1本  1,280円

角棒 細  @748X3本  2 ,244円

角棒 平  @418X2本    836円

蝶番(2個入) @178X2  356円

ビス 短          298円

ビス 長          298円

キャスター  1個     298円

しめて合計10,500円くらい。

電動ドライバーなどは、父が持っているのでそれを借ります。

格子扉を作成・設置

1.B扉部を作成

縦向きの木材と横向きの木材をビスで留めるのですが、ビスが入り込みやすいように、あらかじめ穴を開けました。

横向きの木材で、丸棒を上下から挟み込んで完成。

2.ラブリコ&柱・B扉部を廊下に設置

出来上がったB扉部を一旦設置してみてみます。

ここでLABRICO(ラブリコ)が登場。

ラブリコを使用して柱にする2×4木材は、天井までの高さからマイナス9.5cmの長さにカット。2x4材にラブリコをかぶせ、廊下に設置します。

☟上部にあるネジを回して突っ張っていきます。うちの天井はあまり強度がよくないとのことなので、少し張り具合を手加減しています。

この2x4材の柱に、先ほど作成したB扉部を蝶番で固定。

キャスターもつけました。

ですが、扉の開け閉めをしてみると、ずるっと柱が動いてしまいました。天井の強度が弱いため、突っ張り具合をゆるめに設置しているからでしょうか。

このままだと、扉の重さに負けて、柱ごと倒れてしまう可能性も。

ラブリコの耐重は20kg。扉の重さを量ってみたら10kgもなかったので、クリアしているとは思うのですが、少々不安です。

すると父が、L字の金具を持ってきて、壁に柱を固定してくれました。我が家は賃貸ではないので助かりました(;^ω^)

賃貸で使用するときには、あらかじめ天井の強度を確認しておく方がよいですね。

A柵部を作成

ここでハプニング。なぜだかB扉部に、格子用の丸棒を1本多めに使ってしまい、A柵部の丸棒が1本足らず、格子の幅が広めになってしまう計算に。さすが素人仕事。

格子の幅が5cmくらいになり、これではもしかしたら、子猫のそら君はすり抜けてしまうかも。

ですが、その辺は臨機応変に対応します。

A柱の2×4材(38mmx89mm)もB柱のように、木材の短い面(38mm)を廊下と垂直にする予定だったのを、廊下と平行にすることで距離を稼ぎ、A柵の幅を予定していた33cmから短めにし、格子の幅を狭くできるようにしました。

☟扉側 B柱

☟柵側 A柱

ということで、気を取り直して、お次はA柵部を作成します。

A柵部を設置

出来上がったA柵+A柱を、B部とのバランスを見ながら設置しました。

最初は、2×4材の床部の片側だけがフラフラ動いて不安定でした。恐らく、2×4材の柱をきちんと垂直に立てていなくて、片側が浮いている状態だったんでしょう。

ちゃんと垂直がとれていないと、つっぱりがしっかり効かないはずなので、結構時間をかけて作業しました。

鍵を取り付ける

このままだと、ちょっとドアを引いたり押したりすればすぐに開いてしまうので、簡易なカギを取り付けることに。

内側からも外側からも施錠、解錠できるものがいいです。

ネットで色々見ていると、「多目的ラッチ」という鍵を発見しました。☟

ドアの反対側からでも手を伸ばせば施錠・開錠できそうなので、これを使ってみることに。

ホームセンターで購入してきました。

☟開錠

☟施錠

これを、玄関側と、廊下側の2カ所に設置しました。

☟こういう具合に動きます。

反対側が施錠してあっても、隙間から手を伸ばして開錠でき、施錠は自分がいる側を締めればOK。

いいじゃないかぁ~♪

完成!

ようやく完成です!(写真は鍵がつく前のものです)

☟廊下側から

☟玄関側から

なんだか、めっちゃいい感じじゃないですかぁ~♡

ちょっと歪んでたりしますが、サイコーの出来です!

☟「にゃにコレ?」という顔のそら君。

子猫のそら君でも、すり抜けられない格子の間隔。

失敗したこと

1.丸棒が結構硬い木で、穴を浅く開けてしまったものがあり、A柵部を作成中、割れてしまいました。

少し作業に慣れてきて適当感が出てきたこともあると思います。慎重に作業しないといけませんね。

2.丸棒の長さに微妙な違いがあり、枠が出来上がっていくにつれて、「たわみ」が発生。

その結果、柵の幅がまちまちで、グラグラ動く箇所が。

本当は、扉の中央辺りに横に1本でも木材を通して固定させるとたわみが解消されるのでしょうが、そういったことが出来る知恵と技術がなく、182cmの長さのものをズドーンと使用したもので。

※格子の木材が丸棒ではなく角棒なら、真ん中辺りに木材を横向きにビスか何かで固定させるといいかもしれません。

初めてのDIYの感想

今回の扉作成で、DIYの楽しさを痛感。

キッチンを猫立ち入り禁止にしたいと思っているので、今回の経験を活かして素敵な間仕切りを作りたいと思っています♪

LABRICO(ラブリコ)は、キッチンでまた使いたいと思い、すでに2つ購入済みです♪

脱走防止のための既製品ドア

既製品でいいものはないかなと思いネットで調べていると、突っ張り仕様で簡単に設置できそうな商品がありました。

突っ張るタイプなら、賃貸のおうちでも床や壁を傷つけることなく使用できそうです。

猫 脱走防止パーティション CatCatch

簡単に設置できそうなのでものすごく興味があったのですが、人が通れる幅が若干狭いかな?

にゃんがーど

にゃんがーど」は木製の格子扉で、パーツを簡単に組み立てるだけで脱走防止扉が設置できる商品。

こちらも突っ張り方式で、壁や天井に傷をつけずに設置できます。

丁寧に作られているので、仕上がりは満足のいくものになるはず。とても魅力的だったのですが、今回の私の予算では、ちと手が出ませんでした(;^ω^)


のぼれんニャン

以前、ベランダからの脱走防止用で見かけていた「のぼれんニャン」が、足元のポールがなくなりバリアフリーに。

そのおかげで、廊下などにも設置できるような仕様になっていました!しかも、拡張パネルを追加すると、親子扉のようになります。

取り付け高さが245cmまで対応できるようだし、ロックも二箇所ついていて、使い勝手もよさそうです。


ベランダなどの掃き出し窓からの脱走防止には、「マルカン 猫網戸脱走防止フェンス」を設置しました。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る