これはオススメ!猫が水道の蛇口を押してしまうのを防ぐ方法

スポンサーリンク

猫ちゃんって、流れる水が好きなんだそう。

我が家の猫そらも、台所のシンクを流れる水滴をジーっと興味津々に見入っていたり、最近はないですが、お風呂の蛇口から水を飲んだりしていました。

洗面台に上がって、排水口の中を興味津々に見ることも。

ある日私が洗面所で歯を磨いていると、いつものようにやってきて洗面台の上へ。

すると、覗き込むそらのノドに蛇口のバーが押されて水が出てきました。(バーを降ろすと水が出るタイプです)

私がバーを上げると、そらが覗き込みまたバーが降ろされ・・・延々とこの繰り返し(笑)本人(猫)は、押さえようと思ってやってるわけではないのですが。

今回は、私の目の前で起きた出来事でしたが、これがもし私の留守中や、就寝中だったりしたら・・・

まさかそらが、バーを上げて水流をストップさせるはずもなく。

水は延々と出っ放し、ということになります。

まだそらが子猫の頃に、キッチンの蛇口(バーを上げたら出るタイプ)から水が出っ放しになっていたことがありました。

そらがシンクに上がって、ゴソゴソしていて蛇口のバーの下に潜り込んだ時にバーが上がったんでしょう。

なので、そのうち洗面所でも同じことが起きる可能性大(;^ω^)

そこで、何か対策できないかなーと考えました。

いたずら防止用の蛇口がないかと思い色々と見ていると、こんな蛇口がありました。

屋外にある水道が勝手に使われたりするのを防ぐために考え出されたのでしょう。

ロックがかけられるならいいねぇ、と思ったのですが、洗面台の水道に使用できるか分からないし、工事が必要なのかも?もっと手軽にできる方法を考えることに(;^ω^)

そして次に思いついたのは、上からヒモか何を蛇口に引っ掛けて、バーが下に下がらないようにする案。

でも普通のヒモだったら、そらががじがじして噛み切るか、最悪誤食してしまうので、ワイヤーのようなもので使えそうなものを探していました。

ですがその最中、他の良い案が浮かんだんです。

それが、こちら。

ペットボトルです。カッターなどでカットして長さをジャストサイズにしてあります。

ここに、穴が開けてあります。

この穴に蛇口のバーを通して、蛇口にかぶせれば・・・

蛇口が下に押されなくなるというものです!スゴイ!

ちなみに、筒状のままだと被せるのが難しいので、後ろ側に切り込みを入れてかぶせやすくしています。

カットして鋭利になった部分は、紙やすりで削って、そらが近づいてもけがをしないようにしています。

これを外出時にはセットすることにしました。我ながら、素晴らしいアイデア♪お金もかかってないし、なにしろ簡単♪

これでひと安心ですな(*‘∀‘)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る