熱帯魚のグラミー再び産卵。ふ化したよ!

スポンサーリンク

最近ハッスルしているグラミーのオス、黒ちゃんは、今日もせっせとぷくぷくと卵巣を作っています。

あれからまた何度か産卵があり、黒ちゃんが頑張って卵を守っているはずなのですが、卵巣はすぐになくなってしまい、なかなか稚魚を目にすることができません。

そこで、以前グッピーを繁殖させたときに使用していた産卵箱を水槽に設置。産卵したら、そちらへ卵を移すことにしました。

そして、日曜の水替えを迎えました。前回産卵を確認できたのが、水替えを行った直後だったので、今回も、水替えしたら頻繁に産卵してくれるかなーと待ち構えていました。

でもさ、私が見ているときに産卵してくれるとは限らないわけで(;^ω^)

でもたまたま火曜日の晩、再び産卵シーンをまた目撃することができました。

この日は、朝からオスの黒ちゃんが水面に顔を向けてじーっとしていたので気にかけていたのです。

そんな黒ちゃんにメスが寄り添って動かなくなっていることに気が付き、撮影開始すると、産卵しました!

そのシーンがこちら☟

黒ちゃーん!卵!卵!水流に流されてるよー!

黒ちゃん!黒ちゃん!?全然動かない!?気絶してるの!?

このままでは他の魚に食べられちゃう!(汗)

撮影をやめて、慌ててキッチンへ移動し、スプーンで水面を流れる卵をすくい取り、産卵箱へ移動。3,4粒くらいは確保できたでしょうか?

しかし、このあと卵は翌日には白くにごり、死んでしまったようでした。

黒ちゃんが朝からじっとして動かなかったので、あの時はメスが卵を放出しただけで、無精卵だったのかも?うーん、残念。

翌日水曜日、いつもの場所に黒ちゃん。

あれ?卵巣の雰囲気がいつもと違う?キラキラした透明の泡の下に、半透明の玉が数粒・・・

こ、これは卵だぁー!

割りばしでそっとすくい上げ、産卵箱へ。

箸でつついていると、黒ちゃんが卵を守ろうとして攻撃してきました。

結構箸に衝撃が。ごめんね黒ちゃん!(>_<)

慎重に移動させ、5、6粒くらいとれたのかなぁ?全部取っちゃうと黒ちゃんがかわいそうだと思い、半分くらい残しておきました。

ふ化、するだろうか?

水曜日、変化なし。

木曜日、あれ?卵の色がなんだか黒っぽくなってる?

木曜日の晩、目を凝らして産卵箱の中を見る。

あ、・・・あれは?

小さな、おたまじゃくしみたいな黒い物体が1匹・・・

少し、息をふきかけてみたら、動いたー!

やったぁ♪ ふ化したんだ♪

ほんとに小さい。1mmくらい。目を凝らして見ないと見えない。

他に、黒い卵が3つほどあり、翌日2匹の稚魚が確認できました。

しかし、そのまた翌日には姿が見えなくなってしまいました。死んじゃったのかなぁ(´;ω;`)

やはり、パパグラミーのお世話がないと難しいのでしょうか?

黒ちゃんに半分残した卵たちは、残念ながら見当たらず。メスに食べられちゃったのかなぁ。

次に産卵したときには、網で黒ちゃんと卵、他の魚たちとの境界線を設けて、黒ちゃんが安心して子育てできるような空間を作ろうかと思っています。

新しい命の誕生に、ワクワクドキドキ。

黒ちゃん、頑張れ~。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る