猫のためのDIY|窓辺にキャットウォーク&くつろぎスペースを設置

スポンサーリンク

我が家の猫そらは、完全室内飼いです。

家の中での生活は退屈だろうと思い、窓の外を眺められる見晴台を設けていて、私が留守にしているときには、よく窓辺で外を眺めたり日向ぼっこしたりしています。

最近では、別の窓から見える木々にとまる鳥を見るのがお気に入りのようで、外を見たいときにその窓の前へ行き、前脚でちょいちょいとしながら私の方を見て「にゃー(開けて)」と催促してきます。

その窓は曇りガラスなので、窓を開けないと外が見えないんですよね。

なので、窓を開けて外を見せろ、と催促してくるんです。

小鳥を真剣にガン見するそらの様子を見るのはほほえましく、そらも退屈しのぎになるでしょうから、それ自体はいいのですが、この冬の時期に窓を開けるのはさすがにキツイ(;^ω^)

当の本人も、「開けろ」とは言うものの、寒いのでしょう、すぐに窓枠から降りてしまいます。

そこで思い切って、窓ガラスを透明ガラスに交換することにしました。

これで、寒い冬でも窓を開けずに外を眺められます。

窓辺に椅子を置いて毛布を置いてあげると、早速外を見ながらくつろいでくれました♪

 

やっぱり外を眺めるの好きなのねぇ~。

でも今は、椅子の上に台を置いている状態で、くつろぐにはちょい狭いよね。

そこで、以前から構想していたキャットウォークと、くつろげるちょっとしたスペースを設置することにしました。

これがもともとの窓枠。

完成形。

ホームセンターで板を買ってきて、既存の窓枠にビスで打ち付けて取り付けただけの簡単DIYです。

板は、棚を作るための専用の板で、角が丸くきれいにカットされているものがあったので、それを使いました。

いいかんじ~♪

ところが、飼い主の満足感をよそに、そらはクンクンしながら下から見上げるだけで、上に乗ろうとしません。

仕方なく抱き上げて板の上に乗せてみると、クンクンしながら進んで行き、くつろぎスペースまで行きましたが、すぐに降りてしまいました。

警戒してるのかな?まぁ、最初は仕方ないかな、と思っていたのですが。

キャットウォーク設置からかれこれ1週間経ちますが、自ら上がったのはたったの一度きり。

たまに抱き上げて乗せてあげると、しばらくは外を眺めるのですが、くつろぎもせず、ものの数分で降りてしまいます。

テーブルの上のベッドからも、ちょっとだけ窓の外が見えるので、たまにベッドから外を見る程度なんです。

気に入ってもらえると思っていたのにぃ~(´;ω;`)

木のニオイが気になるのかな。

ニオイに慣れたら、くつろいでくれるかなぁ。

今は寒いのであまり小鳥が来ないけど、小鳥がやってくるようになったら上がってくれるかしら。

と、淡い期待をしながら春が来るのを待ち望む母ちゃんなのでした。

【 追 記 】

あれからも、なかなか上に上がってくれず。

もしかして、台の上に置いている毛布が気に入らない?と思ってのけてみたら、上がってくれるようになりました。

毛布が怖くてジャンプしにくかったのかも。

それ以来、外を眺めたり、小鳥をガン見したりしてくれるように。

今朝は、スズメと小さな小鳥が木にとまっているのを見て、「にゃにゃにゃにゃにゃっ」と興奮して鳴いていました。

良かった、全然使ってくれなかったらだいぶ凹むし(;^ω^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る