猫を飼って実際にかかった費用、生涯にかかる費用を計算してみた

スポンサーリンク

生き物を飼うのって色んな責任が生じるし、お金もかかる。

保護猫だったそらを我が家へ迎えてから1年が経ち、いままで生じた費用を計算してみました。

わたしがハマっているDIYや、これって必要だったのか?的なものも含めているので、本来はここまでお金のかかることではないかもしれませんが、これから猫を飼いたいと思っている方の参考になればと思います。

※記載している金額は、おおよその金額です。

必須な費用

◎去勢手術 28,000円・・・オス猫、日帰り(血液検査など込み)

◎ワクチン接種 5,000円/年・・・子猫のときは年2回

◎ノミダニなど駆虫の薬 2,000円/月

◎ごはん 10,000円/月・・・療法食

◎トイレ砂 @1,000円x3~4袋/月

◎その他通院 30,000円・・・左目、駆虫、軟便など

猫を飼うにあたって、必ず発生するであろう費用です。

避妊手術(メス)の場合は、もう少し高いみたいだし、体調不良や病気などになれば通院の費用が発生します。

ごはんは今、軟便対策のために療法食のウェットフードをあげていますが、1缶300円もするので、懐がとても痛いです。

プレミアムフードの中でもなるべく安価なものへ移行させて、ひと月5,000円くらいまでに抑えられたらなと思っています。

日用品

◎システムトイレx2個 7,000円

◎食器 2,000円

◎3段ケージ 12,000円

◎キャットタワーx2 15,000円

◎キャリーバッグ 4,000円

◎首輪 2,000円

◎ハーネス 2,000円

◎ポータブルケージ 3,000円

◎ポータブルトイレ 900円

◎給水機 3,600円

トイレを「必須」項目に入れなかったのは、他のもので代用できる可能性が大だからです。

システムトイレでなく、砂がおしっこを吸い取るタイプのものだったりすると、衣装ケースなどで代用している方が多くいらっしゃいます。

食器は、そらが来たときすぐに買いそろえましたが、結局いま使用しているのは百均で買った食器。

お水も、猫用の食器よりも人間用の食器に入れたお水の方をよく飲みます。

3段ケージは、最初の頃はよく入って遊んだり寝たりしていましたが、最近あまり利用してくれません(>_<)

キャットタワーは、ひとつは居間に、ひとつは窓辺に置いており、そらは気に入って(特にハンモック)利用してくれています。

興奮してダッシュ!のときに、一気に天井までタワーを駆け上ったり。上下運動が必要な猫ちゃんにとっては必要かなと思います。

ポータブルケージとポータブルトイレは、災害などが起こったときなど、非常時用のものです。

給水機は、そらが子猫の頃、あまり食器から水を飲んでくれなかったので購入したものです。

あまり利用してくれないまま、普通に食器から飲むようになったので物置に眠っています。

DIY・設備関係

◎玄関脱走防止ドア 10,000円

◎キッチンドア 20,000円

◎網戸脱走防止フェンス 9,000円

◎竹カーテン 15,000円

◎木製ベッド 3,000円

脱走防止や侵入防止のために、柵やドアを作成・購入した費用です。

竹カーテンと木製ベッドは、ウールサッキングによる異食症防止のためのもの。

網戸脱走防止フェンスは、掃き出し窓に設置していて、たまに窓を開けて空気の入れ替えしたりしています。

そらは、むやみに登って壊したりすることもなく、安心して設置できているのでとても役に立っています。

おもちゃ

これはほんと、使いすぎた感ハンパないっす。

子猫だった頃は、ただのヒモとか、ビールのケースとか、そのへんにあるものでもよく遊んでくれたのでよかったのですが、大人になるにつれてだんだん遊ばなくなり、なんとか遊ばせようと様々なおもちゃを買いまくりました。

全部把握できていないけど、2~3万円くらいは使ったのではないかと・・・。

すぐに飽きるからなぁー(;´Д`) 最初から全く興味を示さなかったり。

最近では、おもちゃをリメイクしたり、自分でおもちゃを作ったりしているのでめったに買わなくなったのですが。

まとめてみるとビックリ!

ということで、まとめてみると・・・驚くべき金額が。

日用品や設備、おもちゃ、去勢手術、通院などに約190,000円

まぁ、これはあってもなくてもいいようなものが混ざっているのですが。

気になるのはこちらですよね。毎月発生する費用の、トイレの砂、ごはん、レボリューションに約16,000円/月。

これを年額にすると192,000円/年。

プラス、年一回のワクチン接種が5,000円なので、約197,000円/年

さらに、そらが15歳まで生きるとすると、2,955,000円/15年

プラス、具合が悪くて通院したりする費用も別途かかりますよねー。ゾッ( ゚Д゚;)

病気になったりしたときのためのペット保険に加入すれば、さらに出費が。

最近新聞で見かけた記事で、ペット保険のアニコム損害保険の調査で、1年間に犬・猫にかかった費用が紹介されていました。犬が48万420円(前年比7.7%増)、猫が23万1450円(前年比10.5%増)だそうです。

生き物を飼うって、ほんとにお金かかります・・・。覚悟はしていましたが・・・。

でもね、そらのためだったら、好きな晩酌をやめることもできます。

新しい服だっていらない。

毎晩カップラーメンでもいい。

そう、思えるんです(^-^)

これから猫や犬などのペットを飼おうと思っているあなた、覚悟はできていますか?

晩酌のビールをやめれる自信はありますか?

可愛いだけではやっていけません、よーく考えてみてくださいね(^-^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る