涼を求めて寝床が変化?涼しい場所は猫に聞け。

スポンサーリンク

猫に限らず色んな生き物はそうなんでしょうが、自分で暖かい場所や涼しい場所を見つけて移動しながら快適に過ごすというのはよく聞きます。

昔飼っていた猫も、ピアノの下で寝そべっていたので試しに私も寝そべってみると、確かに涼しかったので、「よく分かってるねぇ」と感心したものです。

そら君の場合、キャットタワー最上階のベッドや3段ケージ最上階のハンモックがお気に入りの定位置だったのですが、季節が7月に入って暑くなってくると、寝床が変化してきました。

基本は四六時中エアコンで気温は保っているのですが、そんなお部屋の中でも微妙な差があるのでしょう。

先日外出から戻ると、キャットタワーのベッドにもいないし、ハンモックにもいない。どこだ?と探すと・・・

爪とぎの上でくつろいでいらっしゃいました。

眠そうですね。すみません、起こしちゃって。

あとは、キャットタワーの1階部分や、洗面所の足ふきマットの上など、床に近い場所で寝ることが多くなってきました。

暖かい空気は上へ、冷たい空気は下へ溜まると言いますから、そら君は涼を求めて低い場所でくつろぐようになってきたのでしょうね。

そういえば気温が暑くなりはじめてから、寝相にも変化がありました。

今までは、ベッドやおヒザの上でも猫らしく丸くなって寝ていたのですが、最近はのび~っと身体を伸ばして寝ていることが増えました。

これも、身体の熱を逃がすために自然としている行動なんでしょうね。

だら~ん。お気に入りのお布団が暑いのでしょう・・・(;^ω^)

おヒザの上は、私の体温もあるので暑いのでしょうか。

ペット用の冷感マットなどのグッズもよく見かけますが、まだ購入には至らず。熱中症も気になるのですが、エアコン完備のお部屋なので、今のところそこまでは必要ないかなと思って。

試してみたいなとは思いますが(*’ω’*)

【 追伸 】

後日、ペットショップでひんやりグッズが少し安くなっていたので、ひんやりマットを購入しました。

最初は全く興味がない様子で、素通り。

おもちゃでマットの上へ誘導してみると、ペットショップ特有の臭いがついているのか、クンクンして、なかなか上に乗ろうとしません。

猫じゃらしでマットの上でしばらく遊ばせて、様子を見てみることに。

しばらくしてリビングへ戻ると、作戦成功、ひんやりマットの上で寝てくれてたみたいです。「気持ちよく寝てたのにぃ~」とでも言いたげな顔(笑)




アイリスプラザ 夏を涼しく過ごす♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る