ラミレジィがまさかの人見知りで、混泳が難しかった

スポンサーリンク

グラミーの稚魚たち専用の水槽を追加し、パパグラミー黒ちゃんの代わりにせっせと子育てをしている最中なのですが、先日、また水槽がひとつ増えちゃいました。

別の種類のお魚が欲しくなり、メダカか熱帯魚かで迷ったのですが、結局また熱帯魚にしました。

水槽は、25cmのキューブ型。置くとこないので、小さめにしました(;^ω^)

今回、この水槽に住んでもらう熱帯魚は、ロングフィンラミレジィ(2匹)、ラミノーズテトラ(3匹)、赤コリドラス(2匹)。

今回お迎えしたお魚たち

ロングフィンラミレジィ

主役は、ペットショップでひと目ぼれしたロングフィンラミレジィ。

顔の模様が斬新で奇抜ですが、大きなヒレの優雅なかんじが気に入りました。

ラミレジィのことを、相性でラムと呼ぶそうなので、私もラムと呼ぶことにします♪

ラミノーズテトラ

鼻先の赤がポイントのラミノーズテトラは、シッポが白黒のボーダーになっているのが可愛い!動きはとても活発です。

動きが早いから、ブレた写真しかない( ̄▽ ̄)

赤コリドラス

床のお掃除役に赤コリドラス。「赤」といっても、赤いわけではないんですね。全体的に茶色です。

動かないラミレジィ

砂と水草をセッティングして、水合わせをして、お魚ちゃんを投入♪

テトラとコリは、とても元気に泳ぎ回ってます。

が、主役のラムは・・・

2匹揃って、ピクリとも動かない。

あれ・・・ペットショップでは、普通に水槽内を泳いでたけどな・・・(‘ω’)

まぁ、お引越ししたショックもあるだろうから、様子を見てみよう。

ごはんを食べないラミレジィ

で、その日の晩ごはんの時間。

まずは、第一水槽の子たちにごはん。

最近またグラミーが産卵をして、オスの黒ちゃんは現在子育て中。

これが、いつもはすぐにメスに食べられてしまうのですが、黒ちゃん頑張ってるようで、数匹の稚魚が確認できました。

そして、稚魚専用の第二水槽には、歴代の稚魚たちが全部で100匹近くいるかな?

こちらには、稚魚用のごはんを。

最後に、おニューの第三水槽のごはんタイム。

テトラは、いま1.2cmくらいの大きさなのですが、身体が細い!口が小さいのか、顆粒のエサをひと口で食べれないようで、くわえては吐き、くわえては吐きを繰り返す空中戦です。

その上、エサを水面に落としても、気が付きません。

なので、割りばしでエサをつついて下に落としてあげるのですが、それでもなかなか気が付かず、ほとんどが地面まで落ちてしまいます。

するとコリが、ワシャワシャしながら通りすがりに地面のエサをGET。

コリって、ほんとせわしないですw

ずーっとワシャワシャしてます。ときどき、なにか考え事か、ピタっと止まることがあって、可愛い。

コリは、ごはんに食いっぱぐれる心配はなさそうです。

テトラのおちょぼ口にはビックリですが、顆粒のエサをちょっとだけすり潰して落としてあげると、なんとかかんとか食べれるかんじなので、様子を見てみることに。

そして、主役のラムはというと・・・

まっっっったくエサに反応しない。

それ以前に、水草の林の奥に隠れて、表に出てこようともしない。

一回だけ、エサをパクっと食べたのは目撃したけど、たったのその一度きり。昨日は結局、ずーっと林の奥に隠れてました。

そして今朝のごはんの時間。

目が悪いのかも?と思い、ラミレジィの目の前にエサが落ちるようつついてみましたが、反応せず。

これは・・・なんなんだ。

午前中、ペットショップへ走り相談しました。

このペットショップでは、冷凍アカムシというやつをあげているそうで、エサやりを見せてくれたのですが、すっごい食いついてる!

ずっと冷凍アカムシ食べてるから、普通のエサでは反応しないかもね、とのこと。

「冷凍かぁ~」と私が悩んでいると察したのか、店員さん、「半なまタイプもあるよ」とこれをおすすめしてくれました。

アカムシというから、グロい虫の姿をしているのかと思って抵抗があったのですが、虫っぽくないんですね。

たとえていうなら、カニカマをほぐして、短く刻んだようなかんじ?

これなら虫嫌いな私でも扱える。

気に入ってもらえるのか?不安ですが、購入して帰りました。

「おーい、ごはんだぞー」帰って速攻、一本水面に浮かべてみました。

林の裏に隠れているラムは、出てきません。

割りばしでつまんでラムの近くに落としてみましたが、無反応。

代わりにコリがワシャワシャとやってきて、アカムシにむさぼりつく。

テトラも、アカムシは好きみたいで、せわしないコリに遠慮しながら、地面に落ちたアカムシをついばんでました。

ですが、相変わらずラムは無反応。

割りばしでつまんで口元まで持っていっても、無反応。

うーん・・・

店員さん曰く、「環境が変わると、慣れるまで時間かかることもある。一匹だけじゃなくて、2匹いるならまだマシかもしれない」とのことなので、もう少し様子見てみるかぁ。

てか、顔はいかつい感じなのに、性格は意外と、寂しがり屋で臆病なのね。

結局、今晩のごはんも食べなかったラム。

このままだと飢え死にしちゃう・・・(´;ω;`)

混泳をいったん諦める

エサの種類うんぬんよりも、どうも環境の変化にとまどっているような感じがする。

多種の魚がいて慣れにくいなら、テトラとコリ1匹を第一水槽に移動してみる?

ということで、購入2日後にコリ1匹のみを残し、他の子は第一水槽へお引越ししました。

ラミノーズテトラは引越し直後に、先住のネオンテトラに「お前誰だ?」とちょっかい出されていましたが、すぐにおさまったので安心しました。

コリは、引越し後すぐにワシャワシャし始め、先住のパンダ2匹と仲良く一緒にワシャワシャしてます。こちらも安心。

コリドラスの仲間って、群れる習性があるの?3匹がいつも固まってワシャワシャしてます。

☝3匹が重なってるw

そして、ラム専用となった第三水槽。

外出から戻ってくると、林から出てきていました!

でも、私が水槽を覗くと隠れちゃった。

まだ飼い主のわたしに慣れてないようですが、とりあえず広場に出て来てくれるようにはなったのでひと安心(^-^)

気になるエサですが、今日の晩ごはんのときに、アカムシをラムの近くへ落としてあげたら、食べてくれました!

ネットで調べると、ラムはエサの選り好みをせず何でも食べてくれる、とありました。

何種類かのエサをローテーションであげたりすると良いなども見かけたので、顆粒タイプとか、アカムシとか、色々と試しながらお世話していきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る