猫のそら君、抜け毛で作った毛玉ボールに夢中

スポンサーリンク

以前、我が家のそらが夢中になって遊んでいた羊毛フェルトで作ったボールは、どうやらブームが去ったようです。

今では、投げても無反応 (‘ω’)ノ~~~〇

仕方ないので、じゃらしやおいかけっこで遊ばしていたのですが、最近の彼のブームは「毛玉ボール」。

春からの換毛期からの抜け毛がすごくて、ほぼ毎日少しずつブラッシングしているのですが、ある日なんとなく手のひらでくるくる丸めてみたらきれいに丸まったので、そらに見せてみたら目がランラン。投げたら猛ダッシュ!

特に、キッチンの中から居間へ投げられるのが好きなのと、玄関の脱走防止ドアの下から玄関側へシュートするのが気に入ったみたい。

そらの毛は黒っぽい部分が多いので、出来上がるボールはグレー。ちょっと暗い所へ行くと、見つかりにくいのが難点。

なので、わざわざ首回りなどの白い部分の毛をブラッシングで集めて、白っぽいボールを作ってみたり、色々と工夫する飼い主の私も楽しいのです。

それに、1人でも遊んでてくれるので、すごく楽。

自分で転がしてダーっ!と追いかけて、転がして追いかけてを、延々・・・。そんな様子を遠巻きに眺めてます。

あと、フェルトボールのときは抱え込んだら引きちぎって食べていたのですが、毛玉ボールはあの時のように食べようとはしないので、片付けずに居間に転がしたままにしています。

ただ、ネットで見てみると、毛玉ボールに虫が湧くことがあるそう。あまり長い間放置しておくのは気持ち悪いので、ある程度の時点で捨てた方がいいかも(;^ω^)

すでにちょっと飽き気味になっているので、そろそろ廃棄してしまって、次の秋の換毛期のときに再開してあげようかしら。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る