のび~る「びょんびょんじゃらし」ではしゃぐそら君

スポンサーリンク

今日は、お正月のお祝いでそら君におもちゃを買ってきました。

以前から気になっていた、「ねこモテ」の「びょんびょんじゃらし」です。

竿の先に網目になった伸縮性のあるチューブが伸びていて、その先に羽根とカシャカシャ素材のフィルムがくっついています。

ゴムはすぐに噛みちぎってしまうので、このチューブだとちょっとは丈夫かしら?と思って買ってみました。

羽根も好きだし、チューブの中に入っている小さな鈴と、カシャカシャ音がするフィルム音がするのもいいかんじです。

やっぱり、音がした方がそら君は燃えるみたいだし。

予想通り、見せた途端じゃれてきたそら君。

でも、なぜだか先端の羽根&フィルムの方じゃなくてチューブの方にばかりにゃしにゃしにゃし・・・。

噛み心地が好きなのか?

ゴムなどに比べたらチューブはまだ丈夫な方ですが、さすがに同じ個所をにゃしにゃしやっていると穴が開いてしまいます。

チューブに穴が開くと、中に入っている鈴が出てきてしまって誤食してしまう恐れがあるので、遊んでいるときも目を離さず、にゃしにゃしやり始めたら口から離してあげて、遊ばない時にはおもちゃ箱の中へ片づけるようにしています。

これは「ロング」というだけあって結構長いので、最初は少し扱い辛いのですが、慣れるとキャットタワーの上へびょ~~んと上げたりして、トリッキーな動きもさせることができるようになります。

これくらいできないと、猫ちゃんの興味をそそることはできません(;^ω^)

鈴の数が少し多くて少し耳障りかな?という点を除いては、まずまずのおもちゃだと思います。

【 追記 】

それから数日後、チューブに少し穴が開いてきました。

中に入っている鈴は小さなものなので、この穴から出て来たらきっと誤食してしまうでしょう。

ということで、鈴を穴からほじくり出して遊びを再開。

すると羽根とカシャカシャの部分が、そら君に引っ張られてすっぽ抜けてしまいました。

あ~、残念。本体の方はまだ使えそうだけど、羽根の部分は捨てるか?と思いましたが、もったいないのでリメイク。

ゴム紐に結んでじゃらしを作りました。

これがヒットしたみたいで、チューブについていたときよりも楽しそうに追いかけて遊んでいます。

リメイクしてみてよかった。最近あまり走り回って遊ぶことが少なくなったので、良い運動になります。よかった(^-^)

ちなみに、本体の先っちょに残った黒い部分は、柔らかいゴム?でできていて、外れると食べられる可能性があるかも。

こういう噛み応えのあるものが好きみたいで、この部分はよくにゃしにゃしやっていましたから、注意が必要ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る