ふみふみちゅぱちゅぱ、甘えん坊そら君

スポンサーリンク

そら君がうちに来て半月くらいたった頃から、キャットタワー最上階のベッドに敷いているバスタオルの上へ行くと、ゴロゴロゴロと、猫特有の喉を鳴らし、前足でふみふみふみ・・・。

そんな時にはたいてい、ゴロゴロと低い音に混じって、高めのクルクルも交じっています。こ、これは、最上級ゴロゴロ?

脚をふみふみする猫は今までも見たことありますが、そら君はその上、毛布をちゅぱちゅぱ吸いだします。

これが、ある日突然始まって、毎日、ほぼ毎回、ベッドへ行く度にするように。

タオルが柔らかい素材の生地なので、気持ちよくて、お母さんのおっぱいを吸っていた頃のことを思い出すんでしょうね。

猫がふみふみするときって、甘えたい時や、眠い時など、リラックスしているとき。

お母さんのおっぱいをもみもみするとおっぱいの出が良くなるので、お腹が空いたときにもこの行動をするみたい。

羊毛を好んでもみもみするので、「ウールサッキング」と呼ばれているそうです。

そら君は、まだ小さい頃に母猫と離れ離れになったので、思い出して甘えたいのでしょうねぇ。

大人になったらこの行動がおさまる子と、いつまでも続く子がいるらしいのですが、そら君はどちらなのかなぁ~。

この行動自体は可愛くていいんですけど、よだれでベタベタになるのでちょっと困っちゃう。

それに、繊維を飲み込んで腸閉塞になったりもするそうで。それは困る。

このタオルの繊維は細かい生地だから、うんちと一緒に出るだろうとは思うのですが。繊維が集まってでかくなっちゃったりするのかなぁ?ちょっと気になります。

その行動をやめさせるには、お気に入りのタオルを撤去する方法があるけど、それもなんだかかわいそうだし。なにかいい方法ないかなぁ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る