猫の「蚊」対策に『おすだけベープ』を試してみた

スポンサーリンク

夏の時期になると、うっとおしいのが「蚊」。

今までは、「蚊にかまれた~、かゆい~!」で済んでいたのですが、今年からは違います。

愛猫のそらがうちにいるのですから。

私は特にアレルギーとかも今のところないので、蚊に刺されても症状はひどくなく大丈夫ですが、そらはどうか分かりません。

症状がひどいかもしれないし、もしかしたらフィラリアにかかるかもしれないので、「蚊」対策はしておかないと心配。

先日投薬した「レボリューション」は、ノミ・ダニ以外に、フィラリアにも効き目があるみたいなのですが、なるべくなら、蚊に刺されることを避けて、リスクを減らしてあげたい。

でも、私たち「人」なら普通に使う蚊よけグッズが、ペットに有害である可能性は大いにある。

うーむ。どうしよう。

最近よく耳にする「しゅっ」とするだけで蚊やハエを退治できるグッズを試してみようかと思いホームセンターへ。

しゅっとするタイプ、何種類かあるんですが、どのメーカーのものもたいてい説明書きに、

「ペット類にかからないようにする。特に観賞魚等の水槽や昆虫の飼育カゴがある部屋では使用しない。」

というような内容のことが書かれています。

「ペットのいる家では使用してはいけない」とは書かれていないので、ペットやペット用具にかからないように気をつければ大丈夫なのでしょう。

また、フマキラーの公式HPを見ると質問コーナーに、

Q:ペットがいる部屋で使っても大丈夫ですか?

A:犬、猫、ハムスター、小鳥などのペットがいる部屋ではご使用いただけます。ただし、魚や昆虫に対しては影響がありますので、観賞魚や昆虫のいる部屋ではご使用は控えてください。また、閉めきった部屋や狭い部屋で長時間使用する場合は、ときどき換気をしてください。

とありました。

ほっ。大丈夫なんですね~。よかった。よし、試してみよう!

今回購入したのは、「フマキラー おすだけベープ120回分使用できるものです(28ml)。

ですが、そらが主に活動している部屋でいきなり使用するのは気が引けたので、一番蚊などが侵入しやすい玄関から廊下にかけての空間で試してみることに。

ロック機能もついているので、使用しないときは忘れずにロックをかけておこう。

換気は、隣接する洋室の窓を開けるようにしました。

昨日の朝噴射して、1日様子を見てみましたが、そらの体調に主な変化はなく、今のところ大丈夫そうです。

今後、窓などから部屋の方に蚊が侵入するようなら、部屋の方でも少しずつ試してみようと思います。

「おすだけベープ」は、細かい薬剤が床や壁にくっついて蚊やハエを退治してくれるというもの。手軽なうえ効き目もバツグンのようで、最近スーパーやホームセンターなどでよく見かけます。

でも、人体に使用したり、誤って噴射口を顔に向けてスプレーしてしまう事故が発生することもあるので、使用の際は気を付けましょう!

 【 追 記 】

~2020年夏~

そらが我が家へ来て2度目の夏です。

今年も、玄関を中心に「フマキラー おすだけベープ」を使用していますが、そらの体長に変化はありません。

24時間もつので、毎日朝いちにワンプッシュするだけで済むのも嬉しい。

フマキラー おすだけベープ」とは、長い付き合いになりそうです(^-^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る