目は口ほどに物を言う。猫が飼い主をジッと見つめてくる理由とは?

母ちゃん
母ちゃん
何か・・・視線を感じる・・・?

・・・ ・・・ ・・・
そら
そら
母ちゃん
母ちゃん
え・・・(汗)

何か視線を感じ振り向くと、愛猫がジッとこちらを見つめていた、ということって、結構あります。

猫が飼い主を見つめてくる理由って、なんなのでしょうか?

猫同士は視線を合わさない

猫の社会では、視線を合わせるということは、「威嚇(いかく)」の意味を持ちます。

猫同士のケンカを見てみると、目をジッと相手に向け、お互いが睨みあい、唸りあっています。

目を見つめるということは、「敵意がある」、ということになるんです。

でもそれは、猫同士や、知らない人などに対しての場合。

飼い主さんを見つめてくる理由は、なんなのでしょうか。

じっと見つめてくるときの理由

おねだりしたい

お腹が空いていてごはんがほしいときや、なでてほしいとき、遊びたいときなど、おねだりしたいときに、飼い主さんへのアピールとして、無言で見つめてくることがあります。

そらの場合、猫ベッドで寝ていて、寝返りを打ちながらこちらをジッと見つめてくるときは、なでてほしいときのサイン。

そんなときは、可愛すぎるので、ついついよしよししてしまいます。

かまってもらえそうか様子を伺っている

私がキッチンで調理中や、水槽の掃除中は、キッチンのドアを閉めてそらが入れないようにするのですが、ふと視線を感じ居間の方を見ると、ジッとこちらを見つめていることがよくあります。

キッチンへ入れない状況だと理解していて、でも、チャンスがあれば・・・と様子を伺っているんです。

段ボールベッドの向こう側から、わざわざ顔を覗かせて母ちゃんの様子を伺うそら。

ただ観察しているだけ

そらのトイレを掃除していて、視線を感じ振り向くと・・・物の隙間から見られてた!

とくに何をしてほしいとかではないけど、なんとなくボーっと見ていることもあります。

離れた場所からこちらを見てくるので、かまってほしいのかと思い近づいたら、サーっと立ち去って行ったり(;^ω^)

警戒している

これは、飼い主さんに対してはあまりないかもしれませんが、あまり知らない人や苦手な人に対して、猫は警戒のため、その人から目を離しません。

「猫が怖い」「猫の大きな目が怖い」といった理由で猫が苦手な人がいますが、恐らく、猫が怖いがために猫の方をガン見してしまい、逆に猫に警戒されている可能性があります。

猫からしたら、

なにメンチ切ってんだよー!!!
そら
そら
という気持ちなのかもしれません。

猫は、こちらが何もしなければケンカを売ってはきませんので、顔をそらして安心させてあげましょう。

鳴きながら見つめてくるとき

鳴きながらこちらを見つめてくるときは、何か強い要求があるとき。

そらはよく、ドアを開けてほしいときにこの行動をします。

キッチンに入りたいときは、キッチンのドアの前に座って、「開けろー」と鳴いて、振り向いて、目で訴えてきます。

上の写真は、洗面所で水を飲みたいから、蛇口をひねれ、と訴えていたとき。

このときも、「水を出せー」と鳴きながら見つめてきました。

ゆっくり瞬きをする・目を細めるとき

猫は普段、あまり瞬きをしない動物ですが、飼い主さんに向けてゆっくりと瞬きをしたり、目を細めるような行動をすることがあります。

これは、猫の「愛してる」のサイン。

信頼している、大好きだよ、という意味が込められています。

これをしてきたときは、私もゆっくり瞬きを返し、相思相愛のラブラブタイムを楽しんでいます。

目をそらすとき

前述の通り、視線をガッチリ合わせることは、猫の社会では「威嚇」に当たるため、ふとした瞬間に目が合っても、猫の方からスッと視線をずらします。

これは、「私はあなたに敵意はありませんよ」という意味。

そらが可愛すぎて、ついついジッと見てしまうことが多いのですが、この猫社会のルールを思い出したときには、私も目をそらすようにしています。

何もないところをガン見しているとき

猫はよく、天井や壁など、なにもないであろうところをジッと見ていることがあり、何か我々に見えないものが見えているのでは・・・と恐ろしくなることがあります。

が、そんなことはありません。

猫は聴力が優れているため、私たちには聞こえないごく小さな音に反応しているんです。

以前そらが、やたら押し入れの上を見上げ、押し入れのドアに体当たりしていることがありました。

恐らく、ゴキブリかネズミか、何か動くものが天井か壁の中にいたのでしょう。

猫が飼い主さんを見つめてくるのは信頼の証

本来、見つめることは猫にとっては「敵意」の現れですが、愛する飼い主さんに向けられる視線は、「愛情」や「信頼」の証。

可愛い愛猫のことを、ついつい見つめがちになっちゃいますが、猫ルールに乗っ取って、目をそらすのは猫界のマナーです。

特に、猫が興奮したり、怒っていたりするときに目を見るのはタブーです。猫は興奮すると分別が効かなくなるので、たとえ飼い主さんでも攻撃してくる可能性があります。

猫は、気が付かないほどの小さなサインで、飼い主さんへコンタクトを取ってきます。

その小さなサインに気が付いたら、うまく答えてあげて、こちらからも「愛情」を投げかけてみましょう(^^)/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る