そら君、初めての動物病院

スポンサーリンク

保健所の方の説明で、いま猫風邪をひいているため、その薬や目ヤニの薬、その他の健康診断のために早めに動物病院へ行ってくださいと言われたので、保健所からの帰りに直接動物病院へ向かいました。

診察台の上に乗せると、まず体温計をお尻に挿され。

びっくりしたそら君は、先生の手を噛んでました。おケツ、痛そう・・・( ;∀;)

少しお熱があるようです。

ついでに検便。ウンチに問題はないそうです。

目ヤニの薬を出してくれました。点眼液を想像していたのですが、なんと処方されたのは軟膏でした。

先生が、慣れた手つきで子猫の目を開かせて、指にとった軟膏を直接眼球へちょいっと。

「先生・・・それ、私できますかね(;´Д`)」

「やってくださいね~」

「・・・はい・・・( ;∀;)」

キャリーバッグやトイレは用意していたんですけど、ご飯はどんなフードをあげたらいいか分からなかったのでまだ用意できてないと言うと、子猫用のカリカリと、ウェットフードを出してくれました。

カリカリは、ふやかして食べさせるんだそうです。

そして、ノミ・ダニ駆除の薬を首筋にプチュンと垂らして、今日の診察は終わり。

ワクチンを接種は、1か月後にしましょうとのこと。ワクチン摂取が終わったら、保健所へワクチン接種完了の連絡を入れないといけません。

目薬のことなど、いちまつの不安を抱えながら家路を急ぎました。

すると、早速やってくれました。

緊張がそうさせたのか、ずっと我慢していたのか、キャリーバッグの中でウンチ。それはまだよかったのですが、キャリーバッグの留めが甘かった部分から脱走して、ウンチまみれの足で後部座席を歩き回る(;^ω^)

オーマイガ!

家に帰ったら速攻で、足だけ洗いました。

めっちゃピンボケですけど、目のフチが少し赤くて、炎症を起こしているみたい。目ヤニで顔の毛がガチガチに固まってます。お薬、頑張ってやってみるね!

初めての病院、お疲れ様でした(^^)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る