猫が夢を見て寝ぼけてるときに手を出したら危険!

スポンサーリンク

1日のほとんどを、寝て過ごす猫。

寝ている様子を観察していると、時々ピクピク動いたり、寝言を言ったり、ときにはモグモグと口を動かしたりすることがあります。

我が家の愛猫そらも、よくやってます。

脳と身体が寝ている状態の「ノンレム睡眠」と、身体だけが寝ている状態の「レム睡眠」。

このレム睡眠のときに、人は夢をみると言われて、猫ちゃんも同じようなシステムになっているようです。

夢でも見てるのかなぁ~、可愛いなぁ~、と、幸せ気分に浸るのですが、可愛いからと言って、手を出すと痛い目にあうかもしれません。

そらがまだ子猫の頃で、ヒザの上で爆睡していたときでした。

ピクピクヒゲが動き、寝言も言い出しました。それも、結構激しめの。

怖い夢?ケンカしてる夢?

大丈夫だよ、母ちゃん、ここにいるから安心してね、というつもりで頭をなでたんです。

すると、ビク!!となり、手に噛みついてきて、前脚でロック、後ろ脚でキックをかましてきました。

相当なもんでした。

ケンカしてる夢でも見ていたのでしょうか(;^ω^)

また先日は(2歳3か月頃)、夜に一緒に寝ていたときに噛まれました。

私は仰向けに寝ていて、右腕の横でそらが爆睡していたのですが、ビクっとなった瞬間、わざわざ振り向いて私の腕をガブ!!

「ハッ」と我に返り、また元の体勢に戻ってスヤスヤスヤ。

血が出るほどではありませんでしたが、結構強く噛まれました。

猫同様、犬も寝ぼけて噛むことがあるみたい。

寝ている大型犬に、ふいに飼い主さんの手が当たり、咄嗟に噛まれて骨折した、ということもあるようです。

寝ていてピクピク動いているのは可愛いけど、むやみに手を出すのは危険なので、気を付けた方がいいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る