賃貸でも大活躍!猫の爪とぎから壁・柱をガードする保護シート

スポンサーリンク

日々、何かしら破壊する愛猫たち。

猫を飼うと、大変なことのひとつですよね(;^ω^)

普段は所定の場所に置いてある爪とぎを使ってくれていても、困るのが、爪とぎ以外の場所でのひっかき傷。

爪とぎは猫の本能なので、諦めるしかありません。

でもそれが、賃貸の部屋だったりすると、後々の修繕費がいくら請求されるか、考えただけでもゾッとしますよね。

そんな猫ちゃんの爪とぎ攻撃から、壁や柱を守ってくれる保護シートは、試してみる価値は大いにあります。

しかも、貼って剥がせるタイプなら、賃貸の部屋でも大活躍できそうです♪

色々ある保護シート

探してみると、貼ってはがせるタイプの保護シートは、結構色々な種類が出ていました。百均のペットコーナーにもあるので、試してみてもいいかもですね。

これらの商品には色んなサイズが揃っているので、使用したい範囲に合わせて用意できますよ。

サンプルで試してみよう

貼って剥がせるなら、賃貸にはもってこいだ!とはいうものの、実際に貼ってみないと、我が家の壁や柱に対応できるかどうかって分からないもの。

そこでおすすめなのは、おためしサンプルです!

サイズが23X16cmと小さいので、目立ちにくい箇所に試しに貼って確認することができて便利!

この商品のシリーズにも、色んなサイズが揃っていますよ。

ということで、このお試しサイズを購入してみました♪

A4サイズが入る封筒で、ポスト投函で届きました。

裏面には、2cm単位の目盛りが印刷されているので、カットして使うときに便利。

早速、いつもカリカリやられているふすまの一部に貼ってみましょう。

うちのふすまの表面は、こんなかんじ。

白色で、和紙っぽい、少し凹凸のあるクロスが貼ってあるようです。

ここに貼ってみたいと思います。

裏面の紙を外して。シールの厚みは思っていたよりも薄いです。弱粘着ということで、剥離紙も簡単にめくることができ、シール面を触っても指にくっついて離れない!ということにはならず、扱いやすいです。

シールは半透明で、表面はツルツルしています。ツルツルしていると、爪がひっかからずに研げないから、諦めるんでしょうね。

サイズが小さいこともあってか、貼るのは簡単にできました。

口コミでも、『不器用な私でも簡単きれいに貼れた』というコメントがありました。

でも、これが大きいサイズ、幅が46cmや90cm、長さが数メートルとかになってくると、1人での作業は難しいかな?

シートが半透明なので、若干白っぽくなっていますが、遠目に見ると、貼ってあるのが分からないくらい程度です。

そして、試しにすぐに剥がしてみました。

簡単に剥がれましたが、何やら白いツブツブが・・・。

どうやら、すでにカリカリやられて傷つき剥がれかけていた壁紙が、粘着にくっついてきてしまったようです。

傷ついていないキレイな壁なら大丈夫かと思いますが、壁の種類によっては使用を避けた方が良い材質もあるようですので、確認が必要です。

例えば、ビニール壁紙・ベニヤ板への使用はOKですが、プリント合板・モルタル・コンクリート・土壁・砂壁・センイ壁・表面強化壁紙・凹凸の深い壁紙・家具・屋外などはNG、など。

効果のほどは?

では、これで爪とぎを防ぐことができるのでしょうか?

いつものようにやってきたそら。

一瞬いつもの場所に手を伸ばしましたが、なぜかシートのある場所を除けるそら。

普段と違う手触りに、反応している様子が伺えました。

シートが小さいので、シートのすぐ真横でカリカリされましたが、背伸びで届く範囲の高さで横に前面覆ってしまえば、完璧に防ぐことができるはずです。

ムフフ、効果あり!ですね♪

保護シートを使ってみたいけど迷っている、我が家の壁にも対応できるかどうか不安、という方は、是非おためしサンプルで「ためし貼り&剥がし」やってみてください(^-^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る