「プラダン」で、3段ケージに登れないようにしてみた

スポンサーリンク

私もそら君もお気に入りの3段ケージ。

そら君は好きすぎて、高さが170cmあるケージの外側から屋上へ登り、降りる時が危なっかしくてしょうがなかったので、ちょっと工夫してみました。

行きつけのホームセンターで、プラダンを買ってきて、2階の外側に取り付けることに。こうすれば、脚を掛ける場所がなくなるので登れなくなる、という算段です。

ケージの裏側はどうせ壁に寄せるので、ドアのある表側と左右の側面だけに取り付けます。

ケージの大きさに合わせてプラダンをカット。

カッターで切れば簡単に加工できます。

そして結束バンドを通す穴を開けます。場所は適当(笑)いちおう、ケージにあてがってみて、この辺で留めるという場所に目印をつけて開けました。

表面には引き戸があって、せっかくのドア、塞ぎたくなかったので、ドアでない部分とドアの部分2枚に分けて取り付け。

ぎりぎりプラダンの厚みがあっても開閉できた、よかった~。

はい!完成!

ちょっとケージの中の様子が見えにくいですが、そら君のやんちゃが収まるまでこれでいきましょう♪

そら君はこれを見て「あ、登れなくなった」と分かったのでしょうか、チャレンジもしなくなりました。

私の作戦勝ちですね(‘ω’)ノ

この日から数日後、ケージは外側で遊ぶのではなく中で過ごすものなのだということに気づいたようで、一番上のハンモックで寝たりしてくれるようになりました♡

頑張って組み立てた甲斐があります(^-^)

【 追伸 】

生後4か月になったそら君は、ジャンプ力も次第に高くなって、このプラダン部分をも超えてケージに登るようになってしまいました。

久々にケージの屋上へ登ったそら君、眺めが気に入ったのか、屋上で寝そべってくつろぎだしました。

仕方がないので少し部屋の模様替えをして、ケージの上に登ってもTVボードの上へ降りれるようにしました。

半透明で中が見えにくいので、そろそろプラダンを撤去してもいいですね(;^ω^) どうせ登られてしまうので。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る