猫ちゃんの「噛みたい!」を叶えてくれる?「ノーパンクボール」が気に入ったそら君

スポンサーリンク

そらが異食症で布類をかじって食べる行動をし始めて、あれこれ対策をこうじています。

布類もそうなのですが、椅子の脚やパイプなどをかじっているのを見て、「何か噛みたい!」という衝動にかられているのかも?と思いました。

ワンちゃん用の噛むおもちゃで、縄や皮、ゴムでできているものがあって、これならかじっても丈夫なのかしら?とペットショップなどで見てみるのですが、どうも踏み出せません。

前歯でがしがし噛む程度なら、おもちゃに穴が開くくらいで済むかもしれませんが、そらは奥歯でにゃしにゃしにゃしにゃし・・・としがむことをするので、ゴムなどでも小さく食いちぎって食べてしまうのでは?ということを懸念するのです。

猫ちゃん用の食べれる噛むおやつ?のようなものを発見しましたが、お腹が弱いそらに合うものかどうかも分からないので、手が出せずにいます。

そんなある日、フードを遊びながら食べる「パズルフィーダー」を使ってカリカリを食べさせていたときのことです。

プラスチックのトレイにボールを入れて、ボールをのけたらカリカリGET!できるのですが、ボールの下にごはんがあるということはすぐに理解したらしく、早速ボールをどけようとするそら君。

ボールを咥えてすぐに、「あら?」という反応をして、カリカリそっちのけでそのボールをかみかみかみ・・・

え、カリカリは?

噛みごたえが気に入ったのでしょうか。カリカリを食べることも忘れて、ボールをかみかみすることに没頭。

咥えるには少々でかいので、大口開けてかじかじしていますが、アゴ、外れない?こっちが不安になります。

噛むと「パチン!パチン!」と音が出るのも楽しいのか?

楽しい割には、目がいっちゃってる(笑)

このボールはワンちゃん用の「ノーパンクボール」で、ソフトだし軽いし、爪もひっかかる素材だから、遊んでくれるかな~と思って買ってきたもの。

買ったのずいぶん前で、この日までは見向きもしなかったのですが。

それから、思い出してはそのボールをかみかみしています。

よっぽど気に入ったのか、独り占めしたいのか、がじがじやったら取り上げられるのが分かっているのか、私の目が届かない場所まで持って行ってがじがじがじ・・・

けっこう噛んでいてもいまのところ破れもなく丈夫ですが、何日か噛んでいると少しほつれてきました。

捨てる前に、ボールを解体してみると、中身はこんなかんじでした。

今までは全く興味を示さなかったので、私が留守のときでも出しっぱなしにしていたのですが、今後は破れ具合を確認する必要が出てきました。

おもちゃ類も噛めるものは食べてしまうから、遊ぶとき以外はすべておもちゃ箱へ片づけているのですが、このボールも片づけてしまうとなると、留守中に遊べるおもちゃが本当になくなっちゃう。うーん・・・悩ましいですね(>_<)

ボールは4つあるのですが、出しておくのはひとつにしておいて、劣化具合を毎日確認して様子をみて、生地がほつれ始めたら捨てることにします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る