ベランダの掃き出し窓に、猫網戸脱走防止フェンスを設置してみた

スポンサーリンク

窓から外を眺めるのが好きなそらのために、気候の良い時にはベランダの掃き出し窓を開けてあげます。

心地よい外気の風を受けて、そらも気持ちよさそう。

しかし、オスの成猫は5kgくらいになるので、網戸によじ登ったら網戸が外れてしまう可能性もあるし、網戸に穴が開いて蚊などの虫が入ってきちゃうかも。

特に怖いのは、網戸を開けて脱走する可能性があること。

そこで、掃き出し窓に脱走防止フェンスを設置しました。このおかげで、安心して窓を開けて、換気をすることができるようになりました。

「猫網戸脱走防止フェンス」を買ってみた


マルカン 猫網戸脱走防止フェンス Lサイズ(1コ入)【送料無料】

そこで見つけたのが、「猫網戸脱走防止フェンス」です。

窓枠に突っ張り棒を突っ張り、フェンスのネットを張って網戸をガードするフェンスです。

今回は、掃き出し窓に使用したかったので、Lサイズを購入しました。

サイズの種類

フェンス部分のネットを、横向き、縦向きどちらでも設置できるので、窓の幅に合わせることができます。

マルカン 猫網戸脱走防止フェンス Lサイズ(1コ入)【送料無料】

横使用…W870ⅹD60ⅹH1400~2200mm

縦使用…W546xD60xH1400~2200mm

ちなみに、Sサイズもあります。

【マルカン】猫網戸脱走防止フェンス S CT−267

W870xD60xH850~1400mm

購入前に必ずチェック!

突っ張りの受けパーツのサイズは、このくらいあります。

思ったよりデカいです。

うちのカーテンレールはもともと、窓枠の中に設置してあるものでした。

最初、レールとレールの隙間に入れ込んで突っ張ろうと思っていたのですが、受けパーツが結構デカかったので隙間に入らず断念。

そこで、カーテンレールを、窓枠の外に飛び出るタイプに付け替えました。

設置個所の状態は、必ず確認してから購入しましょう!

部品

ネット…4枚

突っ張りの部品…上部ポール・中間ポール・下部ポール

突っ張りの受けパーツ…4個

ジョイントパーツ…10個

ジョイントパーツのネジ、ワッシャー…各10個

組み立ては簡単

① 突っ張りの組み立て

「中間ポール」に、「上部ポール」と「下部ポール」を差し込み、上下に「受パーツ」を取り付けます。

その際、ポールにジョイントパーツを差し込みながら組み立てます

上の写真は、ジョイントパーツを差し込むのを忘れていた状態(;^ω^)

ジョイントは、ネットを受ける溝のある部分が手前、ネジが左右外側にくるように差し込んでいきます

② 突っ張りを固定

ネットの幅に合わせて、窓枠に突っ張りを固定させます。

下部にあるネジで、突っ張り具合を調整します。

③ ネットを取り付ける

ジョイントにはネットを受ける溝があり、1枚のネットを、上下のジョイントで上と下に引っ張るような形で動かないように固定させます。

ジョイントの溝にネットをハメこみ、ジョイントのネジを回して固定させます。

設置のポイント

設置にかかった時間

父に手伝ってもらい、30分ほどで完成しました。

1人でも組み立て可能だと思いますが、Lサイズは結構ネットの大きさが大きいので、2人での作業の方が楽かも。

ネットは何枚使用してもOK

今回、ネットは3枚使用しました。

部分的に重ねるようして、4枚全部使用してもよかったのですが、3枚でなんとか足りました。

上下と、中間部に少し隙間ができていますが、そらがくぐれない幅なので大丈夫でしょう。

残った1枚は、何かに使えるかもしれないので保管しておきます。

窓の開閉のために隙間を設ける

最初に考えていなかったのですが、窓の開け閉めするために隙間が必要です。

カギの開け閉めもあるので、カギの近くがいいですね。

たまたまできた中間部の隙間は、カギのすぐ目の前だったのでちょうどよかったです。

こんな方法も有り

1番上のネットが位置的に、ジョイントの溝が上下とも下の溝に乗せる状態になってしまいました。

これだと、ちょっと衝撃が加わったら外れてしまいます。

そこで、結束バンドで、下のネットと結んで動かないよう固定させました。

使用感

突っ張りも太く、受けパーツも大きくてズレなく安定感があります。

ネットをわしづかみにして揺らしてみましたが、ジョイントから外れることなく固定されています。

ですが、たまに掃除機が当たったりしてズレてしまうこともあるので、念のために時々、ズレていないか、ネジにゆるみができていないかなど、チェックしたほうがいいかもしれません。

見た目は、お世辞にもオシャレとは言えませんが、これで網戸の破れと脱走を防止できるので何もないよりは全然マシです(^-^)

自作もできるかも

縦使用の突っ張り棒と、ワイヤーネットがあれば、自作もできるかんじです。

実際、ネットを拝見していると、手作りされている方が多いです。

ワイヤーネットは100均ものもがありますからね。

猫の体重がかかることを考えると、突っ張り棒はしっかりしたものを使用したほうがいいですね。

フェンスを設置すれば安心

これで今後は、網戸の心配をすることなく、窓を開けて換気をすることができ、網戸の破れも心配なくなりました。

そらも、初秋の爽やかな風を感じながら外をのんびりと眺めています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る