キャットフードのふやかし方を工夫してみた

我が家の愛猫そらが子猫の頃に食べていたキャットフードは、ROYAL CANIN/ロイヤルカナンの子猫用。

生後4か月までの「成長前期」と、4か月から12か月までの「成長後期」の2種類あり、子猫が食べやすいよう小粒になっています。

子猫の健康や成長に必要な栄養が満点で、ふやかしやすいような形になっているのも特徴です。

動物病院へ初めてそらを連れて行った時に先生に勧められたフードで、そらも気に入ってモリモリ食べていました。


そらは当初、猫風邪を引いていたので、キャットフードをふやかして与えてくださいと言われました。

ですが、キャットフードを水に浸しても、すぐにはふやけないんですよね。2、30分はかかると思います。

ふやけるまで、足元でにゃーにゃー(早くメシくれぇ~!)と鳴くそらも可哀そう。

熱湯はよくない

そこで、お湯を沸かしてフードにかけてふやかしてみると、5分くらいで充分ふやけたので、これはいい!思ったのですが、熱湯をかけるとフードの栄養素が壊れてしまうそうなので断念。

タッパに入れ冷蔵庫へ保管

どうしたもんかと悩んで、いいアイデアが浮かびました。

事前に、タッパにフードと水を入れて、冷蔵庫へ入れておくのです。

常温のまま放置するには問題がありますから、必ず冷蔵庫へ。

すると、ご飯の時間には完全にふやけています。

でも、このままでは冷たーくなっているので、ぬるま湯を少しかけ温めて完成。

一度、レンジで温めてみたのですが、加減が分からず煮えすぎてしまって、それ以来レンジは使用していません。

もし食欲がなかったり、むら食いで残したりしたら、ふやかしたものはすぐに腐ってしまうので捨ててしまいましょう。

私は、朝ごはんをあげたタイミングで、お昼のごはんをタッパに入れておき・・・という感じで用意し、翌日の朝の分は、夜の最終のごはんの時に用意しました。

これで時短になるので、忙しい時でもさっと出せるし、そらも待ち時間少なく食べれて助かります♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る