ヘアゴム食べちゃった!猫の誤食とウンチのチェック

スポンサーリンク

猫はよく何でも食べちゃう動物らしいのですが、本当に何でも食べちゃうので注意が必要です。

そら君も、小さなものなら何でも口に入れるし、おもちゃや段ボール、ヒモなんかもガジガジしがんで小さく噛みちぎって食べちゃいます。

床に落ちている小さなゴミとか糸くずとかを、掃除機のように食べながら歩いたり。

多くは、小さなものなのでウンチと一緒に出てきていますが、先日真っ青になった事件がありました。

ヘアゴム食べちゃった!?

以前、買ってきたばかりの直径5cm程度のヘアゴムをガジガジしがんで食べそうになっていたので、「ダメよ~」と取り上げたことがありました。

それ以来、その種類のヘアゴムはお風呂に行く時にはそら君が手を出せないような状態にして行っていました。

ところが先日、ヘアゴムの上に置いて隠していたスマホをいじった後で元に戻すのをうっかり忘れてしまい、そのまま髪を乾かしに洗面所へ。

戻ってくるとヘアゴムがなくなっています。

「え”っ!!マジか!!」

もしかしたら、ちょいちょいっと遊んでそこらに放置しているだけかもしれないので、30分くらい部屋中探しまくりましたがとうとう出てこず。

食べたんだ・・・結構でかいよね・・・( ゚Д゚;)

ウンチを観察

仕方がないので、吐いたりしないか、食欲があるかどうか、ウンチと一緒に排泄されてこないかなど注意深く観察しながら様子を見てみることに。

以降に、ウンチの写真を添付しています。汚くてスミマセン(;^ω^)

誤食2日後

翌日の食欲はいつも通りで、元気に遊んでいます。

吐いた様子もない。

夕方のウンチには、1.5cm分くらいのヘアゴムの切れ端が。やっぱ食べてるんだ。

こういう時は、食べたものの長さ、大きさの分だけ、排出されたかどうか調べるために記録を取っていた方がいいです。

私は長さを記録し、写真を撮って、念のために現物を袋に入れて保管しておきました。

誤食3日後

この日も食欲、元気ともに有り、吐いた様子はありません。

ウンチも普通に出てきました。

夜のウンチのときに1.5cm程度、ヘアゴムの切れ端が出てきました。

長さ的には12cmほどあったはずなので、まだまだ足りない。こんなペースで排出されていて大丈夫なのか?

とりあえず、小さく食いちぎって食べたようなのでこの程度の大きさならウンチと一緒に出てきそうです。

長いものが腸に取り残されたら最悪手術?考えただけでもゾッとします(;´Д`)

誤食4日後

この日も食欲、元気ともに有り、いつもと変わらぬ様子です。

ですが、ヘアゴムは排出されませんでした。気のせいか、少し元気がないように感じます。身体のどこかに詰まってしまったのかしら・・・不安な夜を過ごしました。

誤食5日後

この日は朝から元気な様子で少し安心しました。

朝のウンチで、5mmくらい排出されましたが、まだトータルで3.5cmくらいしか出てきていないことになっています。

もう5日も経っているのになぁ、大丈夫かしらと不安になって、病院へ電話してみました。

ヘアゴムを食べて5日目だけどまだ半分も出てきていないことを伝えると、ヘアゴムの大きさや、噛み砕いていそうかなど聞かれたので答えると、それならウンチと一緒に出てきますよ、とのことだったので、もう少し様子を見てみることにしました。

するとその日の晩、いつもより細めのウンチが出て、ほじってみると出てきました!5cmくらいの長さのものが1本、2cmくらいのものが1本。

てゆうか、長い!全然噛みちぎってないし(;^ω^)

ともあれ、これでトータル10.5cm出たことになります。

ここまでくれば残りは2cm程度なので安心でしょう。ホッとしました。

ここ5日間、ヤキモキして過ごしたので疲れました(;´Д`)

面倒でも誤食しそうなものはきちんと片付けるべし

てゆうか、よくこんな長いの飲み込んだな・・・。ネットで検索すると、30cmもの糸やゴムとかも飲み込んだりする強者もいるみたいなので、まだマシな方だったかもしれません。

この事件以来、百均で買ってきたケースに小物をしまうようにしています。

そして、同じタイプのヘアゴムは使用しないようにしました。使うなら、大きめのシュシュとかにすればさすがに食べないかも?

他にも、猫が普段遊んでいるおもちゃなんかも、かじって食べちゃう可能性大です。

おもちゃなどが噛みちぎられていないか時々チェックしたり、ガジガジしがんでしまうような生地のものやヒモ系などは、遊ばない時にはどこかへしまっておいた方が安心です。

本当に何が起こるか分からない猫との生活、どんどん家の中が整理整頓されてきました。良いことでもありますよね(^-^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る