冬を迎える準備|今日のそら

スポンサーリンク

10月に入り、朝晩冷える日が増えてきました。

我が家では、寒がりな愛猫そらのために、9月中旬頃からボチボチと冬支度の準備を進めてまいりました。

日の当たる窓辺で日向ぼっこをするようになったので、窓辺の棚にくつろげるベッドを置いたり、毛布を置いたり。

お昼ご飯を食べ終わったら、この日向ぼっこブースでまったりするのがそらのルーティン。

そして、冬の寒さを乗り切る必須アイテム、段ボールハウス。

市販の猫ベッドをせっかく買ってきても、気に入ってもらえない可能性もあるので、買えずにいます(;^ω^)

段ボールに、毛布を入れただけの手作りベッド。

子猫の頃大変だった、異食症「ウールサッキング」はもうほぼ見られなくなり、今では安心して毛布やタオルをベッドに使用することができるようになりました。

猫ちゃんは警戒心の強いので、最初はなかなか入ってはくれません。

なので、おもちゃでカサカサ音を鳴らしたりして、段ボールの中へ誘導。

中へ入ると、「あら? ここ・・・なんか心地よいんだけど♪」って顔したwww

フワフワの感触が気に入ったのか、その日の晩から、すぐに利用してくれるようになりました。

でもある時から、何が気に入らなくなったのか、肌寒い夜でも段ボールハウスで寝た形跡がない。

寒いのに、窓辺のベッドで寝ているのか?キャットタワーのハンモック?

風邪をひかないか気が気じゃなくて、仕方なく、夜中から朝方にかけてエアコンを稼働。

さらに、入らなくなった段ボールハウスを、エアコンの温かい風が当たるテーブルの上へ置いてみると・・・

「待ってました!」と言わんばかりに、秒で入っていきましたwww

前回の冬は、このテーブルの上に段ボールベッドを置いていたので、記憶に新しかったのでしょうか。

そして、エアコンを使用する前は、暖をとりによく私のヒザの上に乗ってきたのに、エアコンをつけだしてからは来なくなりました。

時々、椅子に座ってる私を見上げて「にゃ~ん」と鳴き、ヒザの上に来るけど、素踊りしてテーブルの上へ行ってしまいます。

思わせぶりな行動をする、悪い男。

段ボールハウスは、出入り口が狭い方が温かいだろうと思うので、現在はこのような仕様になっています。

上にも毛布をかければ、自身の体温でかなりハウスの中は暖か♪

さらに冷える真冬には、中にペットヒーターを仕込んであげれば完璧♪

他には、お気に入りスポットである洗濯機の上は冷たいので、足ふきマットの上に座れるようにしたり、いつも外を眺めるキッチンの小窓の前にタオルを敷いたりと、少しでも快適に過ごせるよう少しずつ冬支度していっています。

前回の冬の時期は、電気代が2万円(1か月)ほどかかったので、今回もそれくらいの額を覚悟していますが、いろいろと工夫して、なるべく安く抑えるようにしてみたいと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る