洗濯機の上は未知の世界?猫の執念に母ちゃん脱帽

スポンサーリンク

猫のジャンプ力って、すごいんですよね~。

我が家の愛猫そらのジャンプ力もすごいです。

進入禁止ブースの、洗濯機の上にもラク~にジャンプして乗れるようになってしまいました。

洗剤を入れる部分に手を突っ込んだりして、洗剤が手足についてしまうと危ないし、そらの手の届かないようにしたいモノを洗濯機の上に置いたりしているので、洗濯機の上に乗らないよう、試行錯誤の上色々と対策を練ってきました。

バリケードはちょっとジャマで面倒だけど、設置してとりあえずは、そらの侵入を防ぐことに成功。

ところが・・・

ある日、バリケードがあるにも関わらず、なぜか洗濯ネットを入れているカゴが棚から落ちて、洗濯機の上に。

あれ・・・私が落としたのか???(←自分で落としたことも覚えていないくらいボケてしまったのかと、内心なげいていましたwww)

そしてその数日後。

私が洗濯物を触っていると、そらが私の目の前で、洗面台から洗濯機の上へジャ~~~ンプ!

えーーーーーーー!そこから来たのーーーーーー!

そらがまだ小さかった頃から、洗面台と洗濯機の間に設置していたバリケード。

正面がダメならこっちからだと言わんばかりに、軽々とそのバリケードを飛び越えてきたんです。

洗面台と、バリケードや洗濯機の位置関係や高さなど、ちゃんと覚えているものなんですよね。感心感心・・・って、感心してる場合じゃねぇ~。

てか、洗濯機の上がどうなっているか見えないのに、よく行けたな!危ねえ奴だ(; ・`д・´) なんという執念。

どうしよっかー、これ以上バリケードを設置すると、ジャマになるよなー…。

そして私は、諦めました・・・

プラダンで作った、正面からの侵入を防ぐバリケードを撤去。

洗濯機の隙間対策で!洗濯機の上に置いていたプラダンが、そらの重みで破れそうだったので、ワイヤーネットで補強。

私が留守にするときなど見張って置けないときには、洗面所のドアは閉めておく。

私と一緒に洗面所にいるときに洗濯機に上がるのは、許すことにしました。

すると、どうでしょう。「侵入可」になった途端、やりがいがなくなったのか、めったに上がらなくなったんです(;^ω^)

なんじゃそれ。もう、未知の世界(洗濯機の上)を充分堪能したということなのか?

「洗濯機に上がって怒られる=構ってもらえる」という構図だったのが、怒られなくなったから魅力がなくなったのか?

猫って、思ったよりも色々と考えて行動しているのかもしれませんね。

洗濯機の上を堪能するそらの様子☟

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る