猫ちゃんの異食症対策|レースのカーテンを竹カーテンに替えてみた

スポンサーリンク

生後7か月頃から発症したそらの異食症。

そらが居る空間から、カーテン以外の布類が撤去されると、とうとうレースのカーテンにまで手を出しました。

表のカーテンは、つるつるした分厚い素材の遮光カーテンなので、こちらは食べられる可能性は低そうですが、レースのカーテンはヤバいです。

そこで、食べられない素材のカーテンに替えたいと思い探してみると、竹カーテンなるものを発見しました。

竹製なら、ロールアップする「すだれ」でもいいかもしれませんが、きっと、引っ張るヒモにじゃれついたり、食べたりするでしょう。

私が見つけた竹カーテンは、カーテンレールにフックでひっかけて、普通のカーテンのように左右に開け閉めできるすぐれもの。

早速、この竹カーテンを試してみることにしました。

窓のレール部分からの高さを測り、注文しました。

173cmくらいのものが欲しかったのですがなかったので、175cmのものにしました。

しかも、届いてから気がついたのですが、2枚組だと思っていたら、1枚のみでした。ワオッ( ̄▽ ̄)

うかつでした。注文するときにはよく確かめたほうがいいですね。

竹カーテンにじゃれついたり、のぼったりかじったりしてボロボロにされないか確認してから、追加でもう1枚買ってもいいかなと思っています。

あとでじっくり探してみたら、175cmで2枚組のものもありました。

質感は、こんなかんじ。

アコーディオンカーテンみたいにパタパタと折りたためます。

竹ということで、硬くて扱いづらいかな?と思ったのですが、適度に柔らかく、想像していたよりも軽かったです。

色は、ライトブラウンと、落ち着いた雰囲気のダークブラウンがありましたが、私はダークブラウンをチョイス。

ちょっと暗い雰囲気になったかも~。ライトブラウンでもよかったかもしれません。

付属されている、S字になった金具「Sカン」をカーテンにひっかけて、カーテンレールにぶらさげるだけ。

Sの口をグイッと閉じれば、外れにくくなります。

取り付けてみると、やっぱり丈が長い。ずるずる引きずり、畳が傷つきそうです。(そらの爪で既にだいぶ傷ついていますが(;^ω^))

カーテンレールを上へずらすわけにもいかず、どうしようと悩んでいて、閃きました。

竹でできているし、下側の先端を見ると、ほつれないように何かで補強されているわけでもない。

そうだ、切ってしまえ。

普通のはさみだど厳しいかもしれませんが、うちにちょうど枝切りばさみがあったので、ばっさりばっさりと数センチ切断。

両端のプラスチック部分も、父の工具のはさみで切断。

切りっぱなしだと窓辺で遊ぶそらがケガでもしたら大変と思い、ガムテープで補強。

超カッコ悪い(;^ω^)

もっと濃い色のガムテなら、目立ちにくいかも。

これで、ストレスなく開閉することができるようになりました。

日の光もほどよく差し込み、雰囲気いいです♪窓を開けたら、風も適度に入ってくるでしょう。

透けにくいレースのカーテンと比べると結構見えちゃうかもしれませんが、そらの異食防止のためなので仕方ないですね(;^ω^)

肝心のそらの反応はというと、取り付けた時には気にしてクンクン匂っていましたが、かじったり爪を研いだりよじ登ったりもせず、今のところ問題なく使えそうです。

小窓の方のレースのカーテンの存在には今のところ気が付いていないようで無傷ですが、こちらも食べてしまうようなら、短めの丈の竹カーテンに替えようと思っています。

今回わたしが購入したのは☟これ。 1枚組です。

2枚組のものもありました。☟

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る