ユニ・チャームのデオトイレがすごい|おすすめの猫トイレ

スポンサーリンク

今回、猫を飼うにあたってまず用意したのが、トイレ。

子供の頃に猫を飼ってたときには、洗えるタイプの猫砂を容器に入れて、汚れたら洗って再利用していた気がしますが、今どきの猫トイレってどんなんがあるのかなぁ?

ん?「猫のシステムトイレ」?

システムトイレ?まさか、水洗・・・?

見てみると、猫砂を入れた容器の下に出し入れできるトレーがあって、そのトレーにおしっこシートをセットする、というものでした。

さすがに水洗ではないか(笑)

うんちはスコップですくって処理し、おしっこは猫砂を通過し下のトレーへ落ち、トレーにセットしたシートが吸収してくれるのだそう。

おしっこの臭いもそのシートが防いでくれるみたい。

世の中、なかなか便利になってもんだ。よし、これを使ってみよう。

ということで買ってきました。

トイレ上部を覆うカバーが付いているタイプと、低めのカバーが付いているタイプとあって、上全部を覆うタイプだと猫砂の飛び散りを防げそうですが、結構大きそうだったのでハーフタイプにしました。


【追記】
いま思えば、カバー付きのものを買えばよかったかな。ハーフタイプだと、砂かけのときに結構外に砂が飛び出てしまいました・・・。

このセットには、サンド2ℓ、シート1枚、スコップが付いていました。

シートは1週間くらい使えそうなので、とりあえずこのセットさえあれば1週間は持つので便利。

猫砂、ならぬ「サンド」も、消臭・抗菌効果があるようです。

早速セットしてみましょう。組み立ては簡単。

トレーにシートを敷いて本体に差し入れ、本体にサンドを入れ、カバーをカチッと被せて完成!

シートの色が白いので、おしっこの色で健康チェックもできます。

うんちをしたときに、サンドの処理がどんな感じになるのかなぁ?

カバーを本体に固定する部分が、ネコの形♡ 芸が細かいですね♡

とにかく、これで猫を迎える準備は整いました。

そしてそら君、初システムトイレ使用。

うちに来た初日から、トイレを教えなくてもお利口に利用してくれました。

おしっこは、サンドを通過して下へ。水を吸収するサンドではないので、濡れた部分はそのうち乾いていきます。

試しにおしっこをした直後にシートを臭ってみたんですが、相当鼻を近づけないと臭いませんでした。すごい。

そして、うんち。

ホントは写真をお見せしたいのですが、モノがモノなので自粛(;^ω^)

感想は、「よく出来てる。ラクチン」です。

うんちにサンドがくっついてくれて、うんちを包み込んでくれるようなイメージ。

よほどべちゃべちゃなウンチでない限り、スコップにもほとんどうんちが付きません。無駄に他の砂が汚れることも少なく、なかなか衛生的なサンドだと思います。

ユニ・チャーム、いいもの作ってくれました(*’ω’*) ありがとう!

【 追記 】
昨日部屋の片づけをしていると、そら君はトイレへ。おしっこするのかなーと思って音を聞いていたら、なにやら聞きなれない音がする。
不審に思って行ってみると、このありさまです☟

きゃー!どうやったん!!??おしっこシートが全部引き出され、シートでジャレたのか、ぐっちゃぐちゃ。中の吸収剤のようなものもボロボロになっているので、かなり前から遊んでいたようで(;´Д`)破れてはなかったので、中身は食べていないようですが・・・
トイレのそばに、お気に入りのおもちゃ「ふなっしー」もいたので、恐らくふなっしーにガブガブしていてたまたま引き出しトレーが開いて出てきちゃったんでしょうね。
まぁ、ちょっと引き出せば出てくるくらいのものなので、そういうこともあるかなとは思うのですが、衛生的に悪いので、仕方なくガムテープで簡単に出てこないように留めました。
簡単なストッパーのような設備もあるといいなと思いました。ユニ・チャームさん、次に制作するときはヨロシク(‘ω’)ノ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る