ペット用ヒーターを追加で購入。猫のそら君、寒い冬に備える。

スポンサーリンク

今年も、寒い冬がやってきました。

昨年の冬は、そらにとっては初めて経験する冬。

生後約8か月ほどのそらが寒いのではないかと、私は心配で仕方がありませんでした。

前回の冬のシーズン中には、そらがウールサッキングで布を食べてしまう行動をしていたので、もふもふの毛布などを置いてあげることができませんでした。

寒かったら毛布にもぐりこむ、ということができないため、部屋全体を温める方法しかなく。

エアコンを朝から晩まで一日中つけ、乾燥も大敵と思い、昼間私が居ないときでも、加湿機能付きのファンヒーターをつけ、ペット用ヒーターを一日中つけ・・・。

その結果、電気代が目が飛び出るほど高額になってしまいました。

私も寒がりなので、部屋が常に暖かいのはありがたいことなんですが、さすがにやりすぎた感があります。

そらも1歳半になり大きくなったことだし、今年の冬からは、なるべく電気代を抑える方向で努力してみることにしました。

とりあえず、私が居ない間のエアコンとファンヒーターの使用はやめようと思います。

最近では、布を食べる行動は、特定の毛布には見られるものの、以前に比べたらほぼないに等しいので、どの布がOKなのか様子を見ながら使用していっています。

それと、前回紹介した、段ボールベッドと、ペット用ヒーターをフル活用します。

ただ、ヒーターがひとつしかなく、夜寝る時の段ボールベッドと、昼間に外を眺める窓辺の見晴らし台とを、朝晩で移動させなければならず、ちょっと面倒くさい。

そこで、もう一台購入することにしました。

今回購入したのは、Lサイズ(46x31x4cm)。

今まで使用していたM(40x25x4cm)と比べると、このくらいの差です。

こうやって比べてみると、Mサイズ、小っちゃ・・・。座った状態でかつかつやんw

Lサイズなら、寝そべっても充分網羅できそう。

昨年もケチらずに、Lサイズ買っとけばよかった(;^ω^)

ということで、ベッドと窓辺にそれぞれ設置し、母ちゃんは楽させてもらってます。

ちなみに、このLサイズにも、モコモコカバーはついていますが、洗濯が面倒なので使用せず。

座布団や小さいカーペットなどを上に乗せて、低温火傷防止対策をしています。

そらよ、これで寒い冬を乗り切ってくれ~

【 追記 】

こうして、寝床と窓辺にヒーターを設置できたのですが、寝床のヒーターを寝る時にON、起きてOFF、窓辺のヒーターを出かける前にON、帰ってきてOFF・・・という作業が面倒だし、点け忘れ、消し忘れも起こりうる。

そこで、時間が来たらON・OFFできるタイマーを使うことにしました。

コンセントタイマーは、アクアリウムで既に使用経験があります。

24時間で1周するようになっていて、赤と黄の爪を外側にずらすと、その時間帯は通電できるという仕組み。

☟水槽のライトに使用しているタイマー

単純な構造で使いやすいですが、大きくて幅を取るので、別のタイプはないかなーと探してみました。

すると、デジタル式のものを発見。

サイズ的にも、現在持っているものよりはコンパクトです。

毎日使用できるのはもちろんですが、通電したい曜日を選ぶこともできます。

現在時刻、ON時間、OFF時間などを設定し、こんなかんじでコンセントに差し込みます。

きちんと時間通りに通電してくれました。これはいいぞ。

今度からは、このデジタル式タイマーを買おう♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る