そら君が「優しい猫パンチ」できるなんて!

スポンサーリンク

私の手や足を、遠慮なくガブガブ噛んでくるそら君。

先日、目を疑う光景を目の当たりにしてビックリしました。

ある日私の弟がそら君に挨拶したところ、めっちゃくちゃ可愛い猫パンチを繰り出したのです。

ピンクの肉球でぺちぺち。

そんな可愛い攻撃、私にもしてくれぇ~~~( ;∀;)

弟がとっても羨ましい・・・

可愛いソフト猫パンチ

ソフト猫パンチは、「にゃんだこれ?」というような、興味を惹かれているときに繰り出されるみたいです。

ちょっと触ってみて、それがどう反応するのか、安全なものかどうかなどを試しているんだって。

本気の猫パンチには注意

そんな猫パンチなら可愛いもんですが、本気の攻撃の意味での猫パンチは、すんごく威力があるので注意が必要です。

先日、寒かったのでカーデガンを着ていたら、カーデガンの黒いボタンが気になったみたいで、ゆーっくり近寄ってきて猫パンチを繰り出してきました。

そら君が恐々猫パンチを繰り出すのはあまり見ないので、「可愛い~♡」と思いながら「大丈夫よ、ただのボタンよ」と、ボタンの部分を手に持ってそら君に見せていたら、猫パンチ炸裂。

指が流血しました。

爪の線が入るだけでなく、グッと深い傷も受けました。

爪が出ている猫パンチが、こんなに威力があるなんて知らなかったです。

結構、重みのあるパンチでした。

爪が出ているかどうかは分からなかったのですが、今思えば、スピードが違った。

ええ。早かったです。弟のときと違って。

今後は気をつけよう(;^ω^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る