猫がいる部屋にムカデが出たー!私が試した駆除・侵入防止対策

7月のある日の夜。

出たんですよ。家の中に。

ムカデが。

興味深々にムカデに近づく愛猫そらを別室へ移動させ、蜂退治用の殺虫スプレーでなんとか撃退。

そらにも私にも被害はありませんでしたが、また侵入されたら・・・と思うとゾッとします。

そこで、ムカデ対策グッズを試してみたところ、家の中でムカデを見かけることはなくなりました。

ムカデ対策に効果があったと感じられるグッズを紹介します!

ムカデについて調べてみた

なぜ家の中に入ってくるのか

ムカデは本来、屋外で生息している虫で、家の中に住み着くものではないそうです。この点ではホッとしました。

そんなムカデが家に入ってくる理由は、エサを探し求めて来るから。

そのエサとなるのは、皆さんご存知のゴキブリや、クモ

うちは、ゴキブリ駆除の薬剤を、7月初旬くらいに点々と家の中に置きましたが、小さなクモを家の中でよく見かけました。もしかして、クモ目当てに入り込んだのでしょうか。

ムカデは夜行性

ムカデは夜行性なので、日が暮れたら窓を閉めておいた方が無難です。

あれ以来我が家では、夜間は窓を開けない生活が続いています。もちろん、真夏の時期は暑いので、エアコン必須です。

電気代がかさみますが、仕方ないと諦めています(;^ω^)

生命力がハンパない

ムカデって、とっても生命力が強いんですよね。

小学生のとき、教室に現れたムカデ(今回のよりもっとデカい10cmくらい)を、男子が面白がって、ハサミで切っても死ななかったという、恐ろしい記憶があります。

噛まれるかもしれない

そしてもっと怖いのは、ゴキブリと違って噛みついてくることです。

ムカデに噛まれると、激しい痛みと腫れ、痒みしびれといった症状が出て、ひどいときには、アナフィラキシーショックを起こす可能性も。

また、ムカデは動くものに対して攻撃をしてくるので、逃げるときなどにはゆっくりと動いた方がよいそうです。

我が家のムカデ対策

ネットで色々調べてみると、猫がムカデに攻撃(遊ぶ?)した挙句、食べちゃう、なんてことはよくあるみたいです。頼むから、食べないで(;^ω^)

それに、自分が噛まれるのも怖いけど、そらがムカデに噛まれでもしたら・・・。

ここはやはり、家の中にムカデを入れないよう、なんとか対策を打たないと!

ドラッグストアには、蚊やゴキブリ駆除の薬剤がずらーっと並んでいて、その中に混じって、ムカデ駆除剤も数点置いてありました。

母ちゃん
母ちゃん
私が使ってみて効果を感じられた駆除剤は、「ムカデコロリ」。家の外に置くタイプだから、安心して使用できる。

これを設置し始めてから、家の周りで弱っているムカデが何度か発見されているよ。

ムカデコロリ

まずは、アース製薬のムカデコロリ。8個入りです。

これは玄関先や家の周りなど、屋外に置くタイプのもので、容器の中に入っている薬剤を食べさせて退治します。

屋外に置くタイプのものなら、そらが誤って食べちゃうなんてことにならないので、これを選びました。

四方から入れるようになっていて、真ん中に柔らかい薬剤が入っています。

2m間隔くらいで、ムカデが容器に入りやすいよう水平に置くといいそうです。

この薬剤、真夏は暑さでドロドロに溶けて流れ出てしまい、床などが汚れるので、ムカデが出入りできるような箱か何かに入れておくといいかもしれません。

効果は1か月。容器に取替日を油性ペンで記入して、窓枠や玄関先、家の周りの壁の下などに設置し、毎月取り替えることにしました。

【 追記/2019年 】

このムカデコロリを、翌年の2019年も、6月頃から家の周りに毎月設置していました。

そんなある日家族が、「5㎝くらいのムカデが外で弱っていたから、とどめを刺しといた」と言っていました。

発見したときには、既に虫の息(虫だけに)だったそうですが、このムカデコロリの効果があったのかも?と思っています。

【 追記/2020年 】

この年も、家の中ではムカデを見かけず、昨年に続き、屋外では弱ったムカデが発見されました。

ムカデコロリを毎月交換するのは、正直面倒ですが、どうやら効果ありのようなので、マメに設置しようと思います。

そら
そら
もしも、家の中でムカデを発見したら、これでカッチカチに凍らせてやる!

カッチカチやぞ!

凍殺ジェット

フマキラーの凍殺ジェット

マイナス85度の超冷気で凍らせて退治するものです。

殺虫成分の入っていないこのタイプなら、人にもペットにもやさしそうです。

凍殺ジェットを購入した翌日、早速ながら効果のほどを確かめられる事件が起こりました。

寝室の壁に、でっかいゴキブリが!

ゴキブリ。いまとなってはムカデよりはマシな存在になりましたが、やはり嫌いなものは嫌いです。

リビングから凍殺ジェットを持ってきて、何度か吹きかけていると、白く凍ってご臨終。

☝仰向けになってご臨終

すごい、本当に凍った( ゚Д゚)

「這う(はう)虫・飛ぶ虫用」と書いてあるし、これは実際ムカデにもイケそうだ。良い予行練習になりました。

臭いはわずかにありましたが、言われなければ気にならない程度でした。猫ちゃんなどのペットは、きっと私たちよりも敏感なのでしょうが、普通の殺虫剤よりは全然マシそうです。

侵入経路を塞ぐ

細い体のムカデですから、ちょっとした隙間から家の中へ入ってきます。

換気扇や玄関ドアの隙間、網戸の隙間、排水口などなど・・・

こういった所を塞がないと入ってきてしまうのでなんとかしたいのですが、手始めに、エアコンの水が出ていくホースの先にネットをかぶせてみました。

隙間を全部封鎖していくのは大変です(;^ω^) 少しずつでも塞いでいこうと思います。

夜間は窓を開けない

ムカデは夜行性なので、日が暮れたら窓を開けないようにしました。

真夏の暑い日は窓を開けたいのですが、背に腹は代えられません。

母ちゃん
母ちゃん
その他にも、ムカデ対策グッズがあるので、紹介するね。

買ってみたけど使用を断念したものや、最近見かけるようになった対策グッズもあるよ。

その他ムカデ対策グッズ

駆除・侵入防止

 ムカデカダン 

ムカデカダンタイプで、家の周りの壁際に家を囲むようにしてまくもの。

殺虫効果と、ムカデ等の虫が寄りつかない効果もあるみたいです。これも効果は1か月です。

早速まこうと思ったのですが、家の周りに色々と物が置いてあり、まけたところとまけなかったところがありムラが・・・これでは意味がないかな。

家の周りは、ムカデが居つかないように雑草を抜いたり、ムカデが好む湿り気が溜まりそうな物などを置かないようにした方がいいので、少しずつ片付けていきたいと思っています。

ですがよく考えると、殺虫効果があるものを家の周りに撒くと、野良猫などの動物にも害が及ぶのでは?ということに気が付きました。それはそれで可哀そうです。

ということで、この薬剤は使用せずに取っておくことにしました。

 アースガーデン ムカデ撃滅 

ムカデと退治した時に、噴射して凍らせるタイプ。しかも、窓枠や玄関ドア付近に噴射しておくことで、侵入防止効果(約3か月)がある。

噴射した場所を、猫が触ったり舐めたりしても大丈夫か?という不安がありますね。

ムカデを寄せ付けない

 ムカデシャット 

ペットにも優しいムカデ駆除剤がないか調べていると、虫が嫌がる臭いがあって、その臭いで寄せ付けないようにする忌避剤(きひざい)があるとのこと。

虫が嫌がる臭いには主に、ヒノキハッカがあるのですが、ヒノキを主原料に5種類の天然精油を調合して作られた、ムカデシャットを購入してみました。

同封の説明書にも、赤ちゃんや小さなペットにも安心と書かれています。天然成分なら、動物にも無害だなと納得。

中身はこのような袋に小分けになっています。中にはザラザラとチップのようなものが入っていて、ヒノキの良い香りがします。

好みがあるかもしれませんが、私はこの香りは好きなので、部屋に置いていても不快に感じないなと思いました。

これを、6畳間に2~3個程度置いておくだけでムカデは嫌がって近づかないらしいです。

このままの状態で置いてもよさそうですが、小さな箱に穴を開けてその中へ入れ、そらの手の届かない場所へ数カ所設置してみました。

ふう、これでひと安心。

と思いながら、その後にネットで色々見ていると、精油のヒノキやハッカの成分は、猫に害があるという記事を見かけました。

え、そうなの?と他にも見てみたのですが、「いやいや、無害だ」「いやいや、害がある」と色んな意見があって、結局どちらが真実なのか分からなくなりました。

とりあえず、害がある可能性があるのであれば、使用するのは控えよう、ということで、設置したムカデシャットを撤去。

ムカデシャットはチャック付の袋に入っていて、チャックを閉めて冷暗所に保管しておけば翌年も使えるみたいなので、「ヒノキは猫に無害」という確信が持てるまで保管しておこうと思います。

 アースガーデン ムカデよけ 

ムカデが苦手なハーブの香りで寄せ付けない。3か月もつので経済的

ハーブの香りが猫ちゃんに影響なければ、これも使ってみたいなぁ。

 天然ハーブのゴキブリよけ 

ゴキブリがエサになるということで、ゴキブリの対策も取らないと。

よくある駆除剤は設置済みと、ゴキブリホイホイを設置し、さらに、キッチンによせつけないために、アース製薬の天然ハーブのゴキブリよけを買ってみました。

スーっとする香りで爽やか。これなら、キッチンで香っても不快感はないでしょう。

天然ハッカ油配合ということで天然なら・・・と思って買った物ですが、ヒノキと同じくハッカも猫にはダメという情報もあり、残念ながら撤去。

「お子さま・ペットのいるご家庭にも」と書いてはあるので大丈夫なのでしょうが、何かあってからでは遅いので、「大丈夫」という確信がもてるまでは使用しないことにしました。

ムカデを捕獲する

 アースガーデン ムカデ取り 

家の中にムカデが出たときに、これを仕掛けておけばひと安心。

猫ちゃんが手を突っ込んで、粘着にくっついてしまわないよう注意が必要。

ペットに害のないムカデ対策をしよう

ヒノキの忌避剤などは、効果がありそうだし、置いておくだけなので気になるのですが、猫に有害でない、という確信が持てるまでおあずけです。

現時点で稼働しているのは、屋外に設置した駆除剤ムカデコロリと、目の前にムカデと対峙し戦うための凍殺ジェットの2アイテム。

結果、あれ以来家の中でムカデを見かけることはなく、屋外で弱ったムカデが何度か発見されるなど、ムカデコロリが効いているという実感があります。

ムカデコロリの効果は1か月しかなく、毎月交換するのは面倒ですが、あの恐怖体験をしたくないので、継続して使っていこうと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る