食事のジャマをせず、大人しく待つようになった猫のそら君

スポンサーリンク

そら君がまだ小さかった頃は、私が食事をするときにヒザの上に乗ってきて、テーブルの上の食事に手を掛けようとしたり、手や服を噛んだりしてちょっかいをかけてきていました。

最近のそら君は、私が食事中のときはヒザの上で毛づくろいをして、大人しく寝て待っています。

いえ、寝ているようで寝ていないのですが。

その証拠が、「耳」です。

耳だけこちらに向けて私の様子を伺っているんです。

私に構ってもらえないと、お気に入りの場所でフテ寝するのですが・・・

耳だけこっち向いてる。

妙に中途半端な場所でくつろいでいる雰囲気でも・・・

これは、待っている。

そして、私が食事が終わって食器を下げようとゴソゴソ動き出すと、顔を起こして、「んにゃ~(やっと終わったの?遊ぼうぜ)」とひと鳴き。

食事中に噛んできたりして私の食事のジャマをしたら、叱ってヒザから降ろしていたので、食事のジャマをしちゃダメだって分かったみたいです。

他にも、ヒザの上のみならず困っていたことがありました。

そら君が遊びたいのに私が食事中のとき、特にお昼ご飯のときが多いのですが、椅子に座っている私の足に噛みついてきて「遊んで」アピール。

これには、辛抱強く、噛まれたら「ダメ、お母ちゃんご飯食べてる。ジャマしないで」と言って立ち上がって少し離れた所へ移動。

少ししてから戻って食事。

それでもしつこい時には、私が食事を持って別室へ移動。

というのを繰り返していたら、最近はマシになってきたような気がします。

足元へ来るには来るのですが、以前ほどは噛みついてくる頻度が減りました。

普段から構ってアピールがすごいので、食事中くらいは、落ち着いて食べたいものです(;^ω^)

以前に比べて理解はしてきているようなので、根気よく教えていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る