ボロになった爪とぎを見て、成長の過程を実感。

スポンサーリンク

そら君が小さな頃から使っていた爪とぎが、だいぶボロになりました。

その古い爪とぎを捨てようと、段ボールの入れ物からだしてみると、そら君の成長の過程を見ることができました。

この爪とぎは両面使えるタイプなんですが、小さな頃使用していた面は爪とぎの全面、大きくなってから使用した面は、端っこの方がボロくなっています。

☝全面ボロ

☝両端がボロ

小さな頃は、爪とぎが大きいので上に乗っても色んな箇所で研げていたのですが、大きくなった今では、爪とぎの上に乗ると自分が座っている部分は研げないので、両端の部分でしか研げなくなっていたのです。

ああ、成長したんだなぁ、と、しみじみと感じました。

ちなみに新調した爪とぎには、袋に入った「またたび」が付いていたのですが、袋から少しもれていたのでしょう。

箱から出す前からゴロニャン状態でした。

箱から出すと、またたびの袋が貼ってあった場所ばかりナメナメガリガリ。

おかげで、一部分だけよだれでベタベタです(;^ω^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る