子猫の探検を阻止せよ!洗濯機侵入防止対策

スポンサーリンク

子猫のそら君は、好奇心旺盛。

いつも、「何かオモシロイものはないかにゃ~」と家中うろつきまわっています。

きっと、洗濯機(ドラム式)の中も気になっているはず。私が歯を磨くときや、お洗濯するときにじっとその様子を見ていたりするし。

洗濯機の中には入って欲しくないなぁ~。

衛生的な問題もあるし、お洗濯のときにそら君も一緒にお洗濯しちゃったり。そんなことを考えるとゾッとします。

車のボンネットの中にいる猫ちゃんをビックリさせて外に出す「猫バンバン」なるものが最近よく耳にするけど、洗濯機でもやらないとなぁ。

いちおう、お洗濯するときにはそら君が洗濯機の外に居ることを確認してからスイッチを入れるようにはしています。

ホントは洗濯機を使わないときにはフタを閉めておけばいいんですが、洗濯直後で庫内が濡れているときにはフタを開けて換気しときたいんですよね。

なので、その時には洗面所のドアを閉めて、そら君が入れないようにしていたのですが。たまにうっかり洗面所のドア閉め忘れていたり、うっかり洗濯機のフタを開けっ放しにしていたりすることも。

思った通り・・・

いつか入られるだろうなぁーと思っていた矢先、やられました。

えらく静かだなぁ~と思い何気に洗濯機の中を見ると、居ました。居心地良さそうにちょこんと座ってこっち見てました(笑)

うーむ、一度味をしめたら今後もやるな・・・

ということで、簡易に手を打つことに。

トゲトゲネット

ネットで調べてみたけど、侵入防止のネットとかが見つからなくて、結局採用されたのは・・・またまた出ました「どんとキャット」。

あまりたいそうな対策が思いつかなかったので、ものすごく簡単に対策してみました。

①トゲトゲネットにヒモを結びつける

②洗濯機上部の適当な場所にヒモを結びつける

③洗濯機入口にトゲトゲネットを垂らす

すっごい適当(笑)

ヒモをひっかける場所が洗濯機のセンターじゃないので、左側が少し隙間ありますが。

でも、これだとトゲトゲがイヤで無理やり入ったりはしないだろうし、これなら通気性も保てる。すごい名案!

でも、ネットにしがみついたり引っ張ったりしたときのことを考え、ヒモをひっかける場所は頑丈なところにしとかないと落ちてきちゃいますからご用心。

では、そら君の様子を見てみましょう(^-^)

おお~、作戦成功!

諦めて出ていきました!

大人猫になったら侵入されそうな気がしますが、その時はその時、また考えましょう♪

【 追記 】

その後、すくすく成長したそら君は大きくなり力も強くなりました。

そして、思った通り、ぶらさげたトゲトゲネットを潜り抜けて洗濯機の中へ。

うーん、どうしよう、あまり大げさな対策をするのも面倒(;^ω^)

ということで、ぶらさげていたトゲトゲネットを普通に洗濯機からちょっとハミ出して置いてみました。

これが結構しっかりとカーブにはまって、ちょっと押しただけでは動かない状態。

下から押し上げるにも、トゲトゲネットの裏にもある小さなトゲトゲがあるので、無理やり入ろうともしません。

これなら簡単に設置できていい♪私の勝利だ♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る