食事中は気が抜けない

スポンサーリンク

猫と暮らす上で大変なこと。

数多くなる中のひとつに、犬と違って高い場所へ登れる、ということがあります。

食事のときなんか、椅子に座ってると膝の上や肩の上まで登ってきて、「何それ?見せて。いやん!うまそう!食べたい!食わせろ~!」とせがむんですよね。

ゆっくり食事がしたい・・・正直そう思います。

猫が口にしたらいけない食べのもは沢山あります。昔猫を飼っていた頃は、魚とご飯を混ぜた「ねこまんま」などあげていましたが。

そら家では、人間の食べ物は一切禁止、食卓テーブルの上は侵入禁止にしていて、上がると「ダメ」と言いながらすぐに降ろしていますが、なかなか分かってもらえないし、特に机の上に食べ物があるとセーブが効かない。

先日晩ご飯に「ほっけ」を焼いたんですが、今までになくぐいぐい来るのでめっちゃ大変でしたm(__)m もう二度と魚は焼かないと誓いました。

最初の頃は、椅子に座ると大変なので、立食パーティ風に立ったまま晩ご飯食べたりしてました。

なぜに私がここまで・・・ 腑に落ちないかんじです(;´Д`)

でも、そら君がうちに来て1か月くらい経ってくると、少しずつお行儀がよくなってきました。

私が食事している時には、おすわりをして箸の行方をジッ追います。お皿、口元、お皿、口元、お皿、口元・・・ずーっと見てます(笑)

たまーにテーブルに乗って来ようとしますが、すぐに脚を降ろさせる、乗ろうとする、降ろさせる、を繰り返していると、そのうち諦めて(拗ねて?)膝の上で大人しく毛づくろい。

キッチンで料理などをするときにも、最初の頃は足元を登ってきたりして大変だったのですが、最近では一人遊びをしたりして時間をつぶしています。

たまに、「やけに大人しいな・・・」というときに熱い視線を感じ振り向くと・・・。

椅子の影からジッと、私の動きを見ているではありませんか。怖!

構ってもらえないので拗ねているようにしか見えなくて、思わず笑ってしまいます(^^)

ほんとにヤンチャで大変なことが多いですが、少しは成長してくれているのかと嬉しく思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る