猫のシステムトイレは砂が重たい!軽い・安いものはない?5種比較してみた

スポンサーリンク

我が家の愛猫そらのトイレには、ユニ・チャームのシステムトイレを使用しています。

基本的には問題なく使えているのですが、改善したい部分もあります。

いま一番困っているのは、砂の重さです。

代替えで使える砂はないものかと、他の4種類の砂を試してみました。

システムトイレの砂は重たいものが多い

掃除が楽なシステムトイレですが、ほとんどのものが「ゼオライト」や「シリカゲル」でできていて、これがすごく重たいんですよね。

いま使用している砂を量ってみたら、1袋(4ℓ)が4.3kgありました。

月に一度のトイレ掃除のときは、古い砂を全て捨て、トイレ本体を洗い、新しい砂に替えるのですが、これがホントに大変。

現在使用しているデオトイレの「快適ワイド」だと、砂の量は、4ℓⅩ3袋は必要です。

1袋でも重たいのに、3袋も・・・。買うときは、1日1袋ずつとかで分割して買ったりしてます。

捨てるときは、もっと大変(>_<)

そこで、いま使用している砂よりも軽いものか、もしなければ、せめて今よりも安くつくものはないか探してみることに。(いま使用中の砂は4ℓが1000円弱)

ちなみに、ネットで購入してもいいのですが、うっかり買い忘れたときのために、近所のスーパーでも購入できるものがいいなと思っています。

4種類を試して比較してみた

現在使用中の砂は、ユニ・チャームの「デオトイレ 消臭・抗菌サンド」。

今回試した砂は、下記の通りです。

・花王「ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ」

・アイリスオーヤマ「消臭サンド」

・ユニ・チャーム「デオトイレ 緑茶成分入り消臭サンド」

・フォーキャット「ラクラクサンド」

それでは、使ってみた感想をそれぞれ紹介したいと思います。

花王「ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ」

ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ」は、現在使用中の「消臭抗菌サンド」より、若干重さが軽いので購入してみました。

天然素材の針葉樹からできているということで、木のような茶色をしています。

値段的には、「消臭抗菌サンド」よりも、ちょびっと高いくらい。

形状は、「消臭抗菌サンド」と似ています。

左がユニ・チャームの「消臭抗菌サンド」、右が花王の「ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ」

混ぜてみた

軽いのでこれはいいかも、と思っていたのですが、ひとつ困ったことが。

色が濃いために、うんちがついた汚れが分かりにくい、ということです。

また、粒の切断面?に凹凸があり、影になった部分が汚れているのか、ただの影なのか判断がつきにくいんです。

これは・・・割りばしでウンチを回収する私には面倒なことだ。スコップでウンチと周囲の砂をガサッと回収してもよいのですが、汚れていない砂もすくって捨ててしまうのがもったいなくて(;^ω^)

ということで、別の砂を探すことになりました。

アイリスオーヤマ「消臭サンド」

アイリスオーヤマ 「消臭サンド」の材料は、ユニ・チャームの「消臭抗菌サンド」と同じ「ゼオライト&シリカゲル」なので、重さ的には差がありません。

ですが、1袋:6ℓの値段が、ユニ・チャームのの「消臭抗菌サンド」の4ℓと同じくらいでお買い得!これは買わない手はないでしょう。

左がユニ・チャームの「消臭抗菌サンド」、右がアイリスオーヤマ「消臭サンド」

色は消臭抗菌サンドよりも、少し濃いくらい、形はほぼ同じで、凹凸はほとんどありません。これはいいぞ。

ところが、使用し始めて数日後、あることに気が付きました。

そらの足の先が黄ばんでいる。(写真だと分かりにくいなぁ)

なんで?ちゃんとグルーミングしてるのに。

その原因は分からず。

その後、おしっこシート交換の日。

トレイを引き出すと、シートの上に若干の粉が。

あ、サンドの粉がすのこ部分から落ちたのね。まぁ、そんなこともあるわなと、あまり気にせずまた数日が経ちました。

トイレ周りをウェットティッシュで拭き掃除していると・・・

ナニコレ!?すっごい粉っぽい!!??

まるで、砂嵐が過ぎ去ったあとのような、砂まみれです。

そしておしっこシートには、大量の砂の山。

そう。粉の正体は、間違いなくサンドの粉。

そらの足先が黄ばんでいたのは、サンドの粉がつき、染まってしまっていたのです(;^ω^) トホホ

ユニ・チャーム「デオトイレ 緑茶成分入り消臭サンド」

デオトイレ 緑茶成分入り消臭サンド」は、普段愛用しているユニ・チャームの、紙でできたタイプ。これも、システムトイレで使用できる砂です。

これが、めちゃくちゃ軽い!片手でラクラク持てる!さすが紙ですね!

色は緑色ですが、薄いので汚れは見えるでしょう。

大きさや形はバラバラですが、影になって汚れが見えにくくなるほどではなさそう。これはいいぞ~(何回目だ(;^ω^))

しかし・・・

その軽さゆえか、砂かきの時にトイレの外へ飛び散りやすく、そらの足が砂に埋まってしまい、歩きにくそう。

さらに、形がいびつなため、割りばしでつまみにくい。

めちゃくちゃ軽く、2袋でも片手でラクラク持てるので、すっごくよかったのですが、次を探すことに・・・

フォーキャット「ラクラクサンド」

ここへきて、スーパーにあるものでは間に合わなくなってしまいました。

とうとう、ネットで探してみることにしたのですが、ここまでくると私が求める砂の条件が整ってきました。

できれば軽い、安い、色は薄め、デコボコしていない、粉が出ない。

そして、探しまくって見つけたのが、「フォーキャット ラクラクサンド」です。

ゼオライトでできているので重いですが、値段が安く(4ℓ:600円くらい)、色も薄い。が、粉はどうなんだろう・・・。現物を見ていないので不安でしたが、注文してみました。

そして届いたものを見てみたのですが、袋の外から見ても、なんとなく粉っぽいような・・・

砂を触ってみると、手のひらがまっ白になるほど粉がつきました。

砂嵐が起きた、「ニャンとも清潔トイレ」よりはマシっぽいですが、現在使用中の「消臭抗菌サンド」は粉がほとんど出ないので、それと比べるとちょっとなぁ・・・(;^ω^)

結論

と、4種類の砂を試し、5種類を比較をしてみたのですが、結局これだというものには出会えず。

軽さでいえば花王の「ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ」、ユニ・チャームの「デオトイレ 緑茶成分入り消臭サンド」。

安さでいえばアイリスオーヤマの「消臭サンド」、フォーキャットの「ラクラクサンド」。

でも、それぞれ一長一短。

軽すぎると私は嬉しいけどそらが嫌がり、安いものはお財布は嬉しいけど、大量の粉によってそらの足が汚れる。

ウンチの回収や、掃除も簡単な方がいい。

ということで、結論。これだ、というものが見つかるまでは、2種類使う、ということになりました。

下に花王の「ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ」を1袋分敷き詰め、上に、現在使用中のユニ・チャームの「デオトイレ 消臭・抗菌サンド」2袋分を乗せて使用したいと思います。

汚れが見えにくい花王の「ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ」を下段にすれば、ウンチ回収時にあまりお目見えすることは、ほぼないはずですから。

そして、重さも少しは軽くなる。

母ちゃん、かしこい!(`・∀・´)エッヘン!!

値段はほぼ変わりませんが、当面はこれでいきましょう。

はぁ、ここまでくるのに4か月かかりました(トイレ洗いが月に1度なので)。

なかなか自分が思うようなものに巡り合うのは難しいもんですね。

これに懲りず、またリサーチしていきたいと思います(‘ω’)ノ

【 追記 2020.4.12 】

後日、花王の「ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ」と、ユニ・チャームの「デオトイレ 消臭・抗菌サンド」を併用してみましたが、結局両者が混ざってしまい、汚れが見にくい状態に(;^ω^)

ということで、「デオトイレ 消臭・抗菌サンド」に代わる砂が見つかるまでは、デオトイレの消臭・抗菌サンド1本でいくことにしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る